心の成り立ち(概要)

ここでは、心の成り立ちについて、最も重要な点をできるだけ分かりやすく、簡潔に書いていきます。このホームページを開いた時に最初に読んで頂けると幸いです。それぞれの文章はとても短いので、ここにある文章を上から順に読んでいって頂ければ、と思ってます。また、この章では、分かりやすさを最優先して考えているので、正確性については少し足りない部分もありますが、より正確に心の成り立ちを理解をされたい方は『気持ちについて』の章にある様々な文章を読んで頂けると幸いです。

  • 「教育」の「自由」と「支配」

    「教育」は「支配」ではなく「自由」であるべきです。しかし、日本で行われている「教育」の多くは「自由」ではなく「支配」です。日本では家庭では親が子に、学校では先生が生徒に、会社では上司が部下に「〜しなさい」という形で「命令…

  • 「気合い」の構造

    「光の気持ち(愛)」の強い「気合い」があれば、簡単には「闇の気持ち(欲望)」に堕ちません。それに対して、「気合い」が足りないと、簡単に「闇の気持ち」に堕ちてしまいます。 例えば、「何としてでもアイツを助けるんだ!」と思っ…

  • 「判断」の構造

    ここでは、「判断」とは何かを書いていきます。 我々は日々様々な「判断」を行なっています。しかし、「判断」とはどのような構造によって成り立っているのかということは「常識」として知れ渡っていません。これはとても良くない状況で…