ここでは石田ゆり子について解説していきます。

石田ゆり子は非常に重要な役者で、彼女の表現する精神性の意味合いや、石田ゆり子がどういう立場の人間であるのかを理解することは、我々に多くの学びをもたらします。そして、そういう学びが我々の人生を支えていきます。だからこそ、石田ゆり子について適切な理解を得ることはとても大事で、このページで解説していきます。
 

【心理学的分析:石田ゆり子の表現する精神性】

石田ゆり子が中心軸として表現している精神性は、「女性的」な「愛」そのものです。「愛」には複数種類があります。例えば、「愛」が故に相手に「笑い」を与えようとする「温かさ」のある精神性もあれば、「愛」が故に相手の抱えている「問題を解決」しようとする「冷静」な精神性もあります。

では、石田ゆり子の表現する「愛」そのものとは何かというと、「相手を大事に思う気持ち」そのものです。そういう気持ちが、「相手の幸せを望む気持ち」などにも繋がっていきます。石田ゆり子本人が中心軸として抱き、中心軸として表現する気持ちは、そういった「愛」そのもので、非常に女性的な「愛」です。

そういった精神性は彼女の出演しているCMやインスタグラムからも感じ取ることができます。
 


例えば、このCMで石田ゆり子が表現している心は、「相手を大事に思う気持ち」=「相手の幸せを望む気持ち」=「相手にリラックスをしてほしい気持ち」です。「うちでくつろいでいるあなたの顔が好き」というセリフがそのことをよく象徴していますし、実際に相手がくつろいでいるからこそ「嬉しさ」を感じている女性の表情をしています。

「愛」は「相手を大事に思う気持ち」だからこそ、「相手のため」を思います。そういった「愛」の本質を石田ゆり子の様々な表現は、我々に教えてくれます。心に関する様々な真実は言葉による説明などでは分かるものではなく、実際にその心を抱いている誰かの表現する表情や声などを通して分かるものだからこそ、本当の「愛」を表現する役者の価値は計り知れません。

石田ゆり子は「愛」そのものだけを表現しているわけでなく、異なる性質を持つ「愛」も、よく表現してきました。例えば、石田ゆり子が声優を務めた『もののけ姫』のサンは、シシ神の森を守るためにタタラ場と闘う女性ですが、この「愛」の方向性は「愛」そのものではなく、「愛」が故に誰かを守るために「闘い」を実践する精神性です。この「愛」を「闘いの心」と言います。

「闘いの心」もまた、非常に重要な一つの「愛」で、石田ゆり子はサンを通して「闘いの心」という「愛」の本質を我々に教えてくれます。

ただ、上に取り上げたCMや『もののけ姫』のサンを見ていても、その精神性を言葉のレベルで分かることができなければ、我々は「愛」の本質を学ぶことができません。「分ける」ことをしない限り「分かる」ことはできないからです。

だからこそ、まずは彼女の表現する様々な精神性を最初に見た後に、我々は言葉のレベルでその精神性のことを分かることが大事です。そういうことを繰り返していく中で、我々は様々な精神性の特徴を学び、日常生活の中で、より良い精神と共に生き、より危険な精神と共に生きることを防ぐことがしやすくなります。

石田ゆり子は「愛」の本質を我々に教えてくれるだけではなく、「女性性」とは何なのかも教えてくれます。「男性性」と「女性性」は方向性の異なるものであって、方向性が異なるからこそ双方が補い合うことができます。

例えば、女性の精神性は男性の精神性よりも「可愛さ」を持っています。そして、「可愛さ」を持つ存在は「愛」されやすいです。そういう本質があるからこそ、「可愛い」とは「愛」を「可(能)」にすると書きます。石田ゆり子はそういった「女性的」な「可愛さ」をとても強く表現しているので、石田ゆり子を見ることで、我々は女性的な「可愛さ」の本質を理解できます。

女性は男性よりも「可愛さ」があるからこそ、男性は女性を「守りたい」と思います。そして、女性を「守りたい」と思う男性には「かっこよさ」があるからこそ、女性はそういう男性に対する「愛」を強めます。

この「可愛さ(女性)」と「かっこよさ(男性)」の構造があるからこそ、「愛」は男女の間で高まりやすい構造が元々あるのですが、現代はこの構造が崩れつつある時代です。つまり、女性が本当の「可愛さ」を失いがちで、男性も本当の「かっこよさ」を失いがちです。

そんな時代だからこそ、石田ゆり子の表現する本当の「女性的」な「可愛さ」には大きな価値があり、男女問わず、彼女のそういった精神性を通して我々は学ぶことが多くあります。
 

【神学的分析:石田ゆり子の繋がっている神】

我々人間の名前にはその人の意味合いが元々書かれていますが、石田ゆり子の名前にも彼女の意味合いは書かれています。

「石田ゆり子」の本名は「石田百合子」ですが、この名前は「百合(ユリ)の意志だ」という意味を持っています。「子」という漢字は「〜から生まれた存在」という意味を持ち、「石田」という日本語の音は「意志だ」と重なるからです。ですので、この名前の意味を理解するためには、百合の花について理解をする必要があります。

花のデザインにはその花の意味合いが示されているものですが、どの星の「気」から影響を受けているのかが分かるようなデザインをしています。例えば、向日葵(ヒマワリ)は太陽そのもののようなデザインをしていて、名前の通り、花は太陽の方を向いています。こういうことから、ヒマワリは太陽の花であることが分かります。

百合のデザインは百合が金星の影響を受けている花であることを示しています。何故ならば、花粉が「金の気」のように見えるデザインをしているからです。どうして金星が「金星」という名前を持つかというと、古代中国においては、金星という星に「金の気」が宿っていることは常識に等しかったからです。そういう知識を組み合わせると、百合の花は金星の花であることは理解できます。

そういうことから分かることは石田ゆり子は金星神の使いであるということです。金星神とは古代西洋世界からヴィーナスやアプロディーテーと呼ばれてきた女神で、地球の「女性性」を支えてきた「美」と「愛」の女神です。上で、石田ゆり子を通して「女性性」を理解できると説明しましたが、その深い意味は、石田ゆり子を通して、金星神の司る「女性性」を理解できるということです。

石田ゆり子は非常に憑依型の役者で、その「気持ち」を抱いている演技をしているというよりも、その人物の「気持ち」を自分の内に真に感じ、その「気持ち」を表現している役者です。「気持ち」とは「気」を「持つ」と書きますが、優れた役者は神々からの「気」を「持つ」ことで、実際にその「気持ち」になり、その「気持ち」を表現しています。だからこそ、「嘘」ではない「真実」を表現することができます。それは「演技」というよりも「チャンネリング」と言った方が適切で、そういう意味では、優れた役者達は巫女やシャーマンやユタに近い存在です。

そのような意味で、石田ゆり子は金星神からの「気」を「持つ」ことで、金星神の持っている精神性を地上に表現している巫女のような役者です。だからこそ、我々は石田ゆり子を通して、金星神がどのような「気(持ち)」を司っているのかを理解することができます。

こういう風な形で、石田ゆり子を通して金星神について理解を深められたならば、石田ゆり子と同じ「気持ち」を抱いた時に、その瞬間に自分が金星神と共に働いていることを自覚しやすくなりますし、金星神に自分を似せることもしやすくなります。そういった形で、我々は石田ゆり子の表現する精神性を理解することで、その学びは我々の日常に活かされていきやすくなります。
 

【最後に】

石田ゆり子が出演している様々な作品の中での石田ゆり子の演技を見ることで、我々が学ぶことができる真実は非常に多いです。
 


例えば、『死にゆく妻との旅路』を観るなら、「愛」そのものを抱えながら、「愛」が強いからこそ「依存」に堕ちてしまったある女性の心の本質を見ることができます。「愛」が大きいならば、愛する相手と一緒にいられないことで感じる「寂しさ」もまた大きくなりますが、そこで「寂しさ」に勝つことができなければ、人は「依存」に堕ちます。そういった「愛」と「寂しさ」と「依存」の関係性を石田ゆり子の演技は教えてくれますし、この映画は実話を基に作られた作品だからこそ、我々が学ぶことができる教訓には重みがあります。

この「愛」「寂しさ」「依存」という観点は、『死にゆく妻との旅路』という映画の持つ一つの意味合いに過ぎませんし、石田ゆり子は様々な立場の女性の心の本質を表現し続けてきてくれました。

そういった彼女の演技から我々は心に関する多くの真実を学ぶことができるので、将来的には、彼女の出演している作品の多くについて、解説を作っていきたいと思っています。