Music Index

  • 昔の音源をアップしておきます。

    ここにはシャーマンになる前、神様のことも信じていなかった頃に、自分がやっていた音楽を載せておきたいと思っています。どうしてその時代の音楽を載せているかというと、神々が如何に音楽に関与しているのかということがよく分かるからです。

     

    今から7年前、自分が23歳の頃、カルロス・レカルテというメキシコ系アメリカ人と運命的な出会いをしました。当時自分は大学生で、いつも大学の音楽練習室でコントラバスの練習をしている日々だったのでしたが、ある日、突然自分のコントラバスをある外人が勝手に弾いていたんです。彼がカルロスでした。これらの音源で歌っている男性になります。

     

    我々は出会ってすぐに意気投合し、自分がどういう音楽を行なっているのかを聴かせ合いました。そして、私は彼の歌を初めて聴いた時に、涙を止めることができなかったんです。彼も当時自分が作っていた音楽を好きになってくれました。それ以降、一緒に音楽をしていく仲となり、出会ってから彼がアメリカに帰るまでの短期間とその一年後に再び日本にいた数ヶ月、ライブなども行なっていました。

     

    ここでは、その時に作ったデモ音源を載せておきます。彼の音楽に自分がコントラバスやピアノを足すことも、自分が作った曲に彼が歌を足すこともありました。カルロスは金星神と共に音楽を創り、歌を歌う音楽家であって、当時の自分は天王星神様と共に音楽を奏でていました。当時は二人ともそのようなことは知らずに音楽を創っていた形になります。

     

    我々のユニット名は「Hola guey」と言い、スペイン語で親しい相手と会った時に交わす挨拶を意味します。カルロスの方から提案してきたユニット名で、私もなんとなくいいと感じてそのままユニット名にしました。この名前は金星神が意図があって付けた名前になります。どうしてこの名前なのかということはとても重要な意味があるので、いつか解説させて下さい。

     

    歌詞は全てカルロスが書いています。そして、実は私はこれらの歌詞の意味をつい最近までよく知りませんでした。私は英語のリスニングは得意ではなくて、当時は歌詞の意味も理解せずに一緒に演奏していた形になります。最近になって初めて、彼に歌詞をメールで送ってもらいました。そのメールをもらって気付いたのが、彼が書いた歌詞は全て未来の自分に対する神々からのメッセージだったということです。

     

    最近、私がいつも行なっていることは歌手の歌の分析です。神々と共に歌を創り、歌を歌う歌手の歌詞には、神々からのその歌手に向けてのメッセージが非常に多くあります。例えば、既にかなり解説を書いてきた中島美嘉の楽曲の歌詞には金星神の中島美嘉に対する想いが綴られています。

     

    そして、私の役割はそういった神々が人間のために残してきたメッセージを人間が理解出来るように解説することです。そういった解説をする人間の役割を実践するために、自分自身が自分の音楽からメッセージをもらうということを経験する必要があります。そういった経験があると、歌手が自分の歌を通して神々からのメッセージをもらった時に、何を感じるのかということがよく分かるからです。

     

    自分が創ってきたものの中に神々からのメッセージが予め込められているのであれば、自分自身の人生の役割について、確信を持ちやすくなります。自分の人生の役割が何なのかということの答えは根拠が無ければ確信を持ちにくいものです。しかし、逆に、自分の人生を振り返った時にその根拠が散りばめられていれば、確信を持つことができるので、神々はその根拠作りをいつも行なっています。例えば、神々はその人が自分の人生の役割に確信を持つために有効な記憶は脳に残します。だからこそ、人生の役割が分かった時は自分の記憶が繋がって見えます。そういったことを説明するために神々が創った歌が中島美嘉の『WILL』でもあります。

     

    そして、歌というものはとてもその根拠作りを行ないやすいものであって、そういった根拠作りのために神々は様々な歌手の歌に関与し続けてきました。逆に言うと、我々人間は歌を通して神々のことを理解することができます。そういったパズルのピースを神々はずっと創り続けてきたのであって、これから人間がやっていくべきことはそのパズルを解いていくことです。

     

    話は戻りますが、カルロスは今まで自分が出会った人間の中で、最も美しい魂だったと今でも思っています。とても素晴らしい奴です。本当に彼の一つ一つの振る舞いは当時の自分にとっては、「光」に満ちていて、彼と過ごす時間の一瞬一瞬が、とてもかけがえのないものに感じながら、当時を生きていました。今思うと、自分は彼から感じる金星神を感じていたとよく分かります。彼は本当に強い「光」の魂なので、金星神の導きを素直に受け取りながら生きることができていました。

     

    カルロスと出会った当時、自分は深い「闇」に堕ちていました。より深い「闇」を経験することで、「光」の価値が真に分かります。当時、自分は神々の導きによって「闇」を学んでいた時期だったのですが、本当にこれ以上堕ちるとどうしようもないところまでいっていたと思います。しかし、彼との出会いを通して、彼と過ごした日々を通して、「光」の方へ持ち上げられ、当時を生き抜くことができました。

     

    彼があの日自分のコントラバスを弾いていたことは神々の導きであったことはよく分かっています。このようにして、我々は神々によって様々な出会いを経験しています。こういった出会いによって、人が変わっていくことは美しいことだと思っています。今も彼のことを思い出すだけで、これらの音楽を聴くことで、当時感じていた透明感のある感情を感じることができます。それはカルロスの感情であって、金星神の感情です。

     

    そういった「光」を、これらの音源を聴くことで感じて頂けると幸いです。

     

     

  • no title 1 (2011/11/10)


    [英詩] 
     

    Nobody wants you to know. So keep your head down to the floor.
    Nobody wants you to know. So keep your head down to the floor.
    Nobody wants you to know. So keep your head down to the floor.
    Nobody wants you to know. So keep your head down to the floor. 



    [日本語訳]
     

    誰もあなたに知ってほしいと思ってない。だから、床に向けて顔を伏せて、目立たないようにしていて。

     

     

    [解説]
     

    この曲は「私が『気』のことを知ることを誰も望んでいない。だから、『闇』に堕ち、目立たないようにしていてほしい」という意味になります。
     

    どうして、「誰もあなたに『気』のことを知ってほしいと思ってない」のかというと、多くの人にとって「気」の知識とは都合が悪いものだからです。「光」は「愛」=「誰かのため」の立場であって、「闇」は「欲望」=「自分のため」の立場ですが、今は多くの人が「自分のため」に生きている時代なので、「気」の知識を人々が知るということは、自分が「闇」を選んできたと言われるようなもので、自分を否定されているように捉えられてしまいます。だからこそ、多くの人は私が「気」のことを理解し、それを伝えることを望んでいないと言えます。
     

    「闇」の立場で生きていると、悪魔からの「闇の気」を抱えていくことになります。そして、悪魔は決して真実を知ってほしいとは思っていません。何故ならば、真実を知られてしまうと、人間に悪魔が関与することがとても難しくなるからです。ですから、真実を知りたいと思わせないように悪魔は人間の意識に「気」を使って関与します。その結果として、「闇の気」を抱えている人々は真実に興味がないという現象が生まれます。
     

    「So keep your head down to the floor(だから、床に向けて顔を伏せて、目立たないようにしていて)」の一つの意味とは、私が「光」を強めるのではなくて「闇」を経験することを意味しています。だからこそ、「闇」を経験するということを言葉として表現するために「keep your head down to the floor」=「顔を地面の方に伏せておいてほしい」≒「下を向いていてほしい」という英語表現がここでは使われています。
     

    そして、もう一つの意味は「目立たないでほしい」という意味です。「keep your head down」とは「頭を低くして目立たないようにする」という意味を持つ言葉です。どうして、「目立たないようにしておく」必要があるかというと、目立ってしまうと、ありとあらゆる悪魔からの攻撃が来るからです。「誰もあなたに『気』のことを知ってほしいと思ってない」とは、多くの人が「闇の気」を抱えていることを言い換えている表現とも言えますが、多くの人が「闇の気」を抱えている状態で、「光」として目立つと、悪魔が多くの人に宿っている「闇の気」に関与することで、その人達を使って私を攻撃するようになるからです。しかし、目立たなければ、悪魔がその人達を使って私を攻撃することもできません。この歌が生まれたのは2011年ですが、この当時はそのように生きておいてほしいという神々の願いが込められています。
     

    こういった歌詞の内容にも関わらず、この曲はとても綺麗な曲です。この美しさは金星神の「優しさ」を表現しています。カルロスはギターと歌を、私はピアノを弾いていますが、これらの音や歌詞の選び方は全て金星神が創っています。

  • no title 2

     

    [英詩]
     

    There sings a man of joy, he likes to bring his choice.
    Gets cut by all your time.
    Now what do I say in disguise?
    Now, what do I say when he's feeling so sound?
    It's gonna be right away.
    Now, what do I say when he's feeling so sound?
    It's gonna be right away.
    There sings a man of joy, he likes to bring his choice.
    Gets cut by all your time. Now, what do I say in disguise?
    Now, what do I say when he's feeling so sound?
    It's gonna be right away.
    Now, what so I say when he's feeling so round?
    It's gonna be right away. 

     

    [日本語訳]
     

    ある男が喜んで歌っている。彼は自分の選択を抱えて生きることが好き。
    あなたの全ての時間があなたを傷つける。
    今、私は変装して何を言えばいいの?
    今、私は変装して何を言えばいいの?彼がとても健全に感じている時に。
    すぐに良くなるわ。
    今、私は変装して何を言えばいいの?彼がとても健全に感じている時に。
    すぐに良くなるわ。
     


    [解説]
     

    「自分の選択を抱えて生きることが好き」という歌詞は私が自分の意志で2000年間幽霊なのに天使だったことを踏まえての歌詞になります。私は自分が信じることをずっと行なう魂なので、このような歌詞があります。
     

    「今、私は変装して何を言えばいいの?」という歌詞は、金星神が人間に自分の言葉を代弁させることを意味しています。金星神は「気」で関与することによって、人間に何かを言わせることはできますし、私はそのようにして金星神からの言葉を受け取ることも多くありました。神々と人間はいる世界が異なるので、直接は話せないのですが、神々は人間の身体に関与することで、自分の発言を人間に代弁させている側面もあります。
     

    この歌は私が「闇」を経験している時代に、それが「健全」だと私が考えて生きてしまっている様を見ながら、金星神が「純が『闇』に堕ち、『闇』を健全だと思ってしまっている今、私は人間を通して純に何を伝えればいいのだろうか」と悩ましく思っていることを意味します。

  • el progreso

     

    [英詩] 
     

    Rain won't you go away, rain won't you go away…. because I want you too.
    Now I found a home, now I found a home for you.
    Rain won't you go away… don't you go away, won't you see the fray.
    And I want you too.
    Now I found a home, now I found a home for you.



    [日本語訳]
     

    雨はあなたを持ち去らない。雨はあなたを持ち去らない。なぜならば、私もあなたがほしいから。
    今、私は家を見つけた。今、私はあなたのための家を見つけた。
    雨はあなたを持ち去らない。あなたにそのほつれを見せない。
    そして、私はあなたがほしい。
    今、私は家を見つけた。今、私はあなたのための家を見つけた。



    [解説]


    雨は水星神様が司っているものです。ですから、「雨はあなたを持ち去らない」=「水星神はあなた(純)を導かない」、「あなたにそのほつれを見せない」=「水星神はあなた(純)に『闇の気』が宿っていることを教えない」ということを意味します。そして、この歌は金星神が創っているので「なぜならば、私もあなたがほしいから」=「金星神はあなた(純)を導きたい」ということを意味します。
     

    そして、「今、私は家を見つけた。今、私はあなたのための家を見つけた」という歌詞は金星神が金星を手に入れたということを意味します。2012年の12月まで金星は地球に「金の気」を送ることが出来ない時代を2000年以上経験していました。しかし、2012年12月より、金星は再び「金の気」を地球に送るようになっています。ここで歌われている「新しい家」とはそういった意味で、地球に「金の気」を降り注ぐことができる金星の状態になったということを意味します。金星からの「金の気」が再び降り注ぎ始めたことに関しては、ここを読んで頂けると幸いです。
     

    http://junashikari.com/energy/2012年12月より金星の気が降り注ぎ始めたことについ/
     

    金星からの「金の気」によって私は導かれてシャーマンになっています。私がシャーマンとなった大きなきっかけは旅に出たことですが、その旅に出たいと思ったのは2012年11月であって、神々はわざと時期を一致させています。このことについては、『私の人生の流れ4』で詳しく書きます。
     

    とにかく、金星神は金星に宿る「金の気」を司る神様であって、この歌詞は金星からの「金の気」を地球に送ることができたということを意味します。そして、金星神は自分の「金の気」によって私が「光」のシャーマンになることを導くつもりだったからこそ、このような歌を創っています。

  • lazafata

     

    [スペイン語詩]
     

    Oye mi cabinera, de moscas azules, y tragos amargos.
    Menea el Sol al almuerzo, a tiempo sin fin. Y tú ya sabes lo que soy.
    Oye mi Azafata, de moscas azules, y tragos amargos.
    Menea el Sol al almuerzo, a tiempo sin fin. 
     


    [英訳]
     

    Hello, my flight attendant, made of blue flys and bitter drinks.
    Shake the sun to lunch, to endless time.
    You already know what I am. 
    Hello, my flight attendant, made of blue flys and bitter drinks.
    Shake the sun to lunch, to endless time.
     


    [日本語訳]
     

    こんにちは、私の客室乗務員。青い翼と苦い飲み物でできているあなたよ。
    太陽の光をランチにふりかけよう、そして永遠へ。
    あなたは既に私が誰なのか知っている。
    こんにちは、私の客室乗務員。青い翼と苦い飲み物でできているあなたよ。
    太陽の光をランチにふりかけよう、そして永遠へ。



    [解説]

    客室乗務員とは私の立場のことを意味します。私は説明担当の「光」のシャーマンであって、その説明する相手は人間です。それは客室乗務員が乗客に色々なことを説明することと似ています。また、パイロットは神々です。「光」を目指す魂達を飛行機と例えて、このような形で表現しています。
     

    「青い翼と苦い飲み物でできている」という点がこの「客室乗務員」が私である大きな根拠でもあります。私は「水の人」であって、「水の気」の基本色は「青」です。だからこそ、海は青色をしています。また、「苦い飲み物」とは私が生まれた時から抱えている「闇の気」のことを意味します。「気」の色についてはこちらを読んで頂けると幸いです。
     

    http://junashikari.com/デザインについて/デザインについて(「気」のデザイン)/
     

    太陽の光は「光の気」そのものです。ですから、「太陽の光をランチにふりかけよう」とは、「『光の気』を受け取ろう」ということを意味します。「永遠へ」という言葉は魂が「光の気」に満ち、神々になることを意味しています。
     

    そして、「あなたは既に私が誰なのか知っている」とは、私がこの歌詞の意味を真に理解する時、この歌詞を金星神が書いたことを理解しているということを意味します。

  • elephants on a tight rope

     

    And how are you today ? Elephants on a tightrope. 

  • no title 3

     

    [英詩]
     

    How about things working out ?
    How about things your dress at night?
    How about things working out ? 
    For once in your goddamned life.
    Isn't it just like mama said it would be?…

    How about things going right ?
    How about things your dress at night?
    How about things going right ?
    For once in your goddamned life.
    Isn't it just like mama said it would be?…
     

     

    [日本語訳]
     

    「謎は解けてる?」
    「夜のドレスはどう?」
    「謎は解けてる?」
    「神々に呪われたあなたの人生の一期一会」
    「ママが言ってた人生とは違ったでしょ?」

    「謎は解けてる?」
    「夜のドレスはどう?」
    「謎は解けてる?」
    「神々に呪われたあなたの人生の一期一会」
    「ママが言ってた人生とは違ったでしょ?」
     


    [解説]


    私の人生全体の意味を理解することも、私の「人生の役割」=「気」のことを理解することも、パズルを解くことと本当によく似ています。神々は多くのパズルのピースを私の人生や様々な芸術家の作品などに作ってきたからです。そういう意味を込めて、「How about things working out ?(謎は解けてる?)」という歌詞が一番多くこの歌に置かれています。
     

    また、「How about things your dress at night?(夜のドレスはどう?)」という形で「夜のドレス」と言われているものは、私が生まれた時から身体に抱えていた「闇の気」のことを意味します。「昼」と「夜」は「光」と「闇」の関係性そのものです。ですから、「夜」とは「闇」と言い換えられます。
     

    「for once in life」=「一期一会」です。そして、「goddamned」は「god(神)」+「damned(呪われた)」という言葉から生まれた「極端な」という意味を持った言葉です。私は神々によって生まれた時から呪われているので、この「goddamned」という形容詞が置かれています。私は様々な出会いを通して神々に導かれているので、「一期一会」という言葉が置かれています。
     

    「Isn't it just like mama said it would be?…(ママが言ってた人生とは違ったでしょ?)」ですが、私と私の母は全く異なる性格ですし、生きてきた人生も真逆です。ですから、母が言うような「人生」とは私の「人生」は異なります。そういったことを、「Isn't it just like mama said it would be?…(ママが言ってた人生とは違ったでしょ?)」という言葉で表現しています。

  • no title4

     

    Safely crossing the street, yellow cement light.
    Do you see what I See? I know you do.
    Do you see what I see? I know you do.
    Do you see what I see?
    Yellow cement light, Palm tree colored rainbows.
    Living pastoral light.
    I see nothing but a sea, I see nothing of what was said.
    I see nothing but thee. Past it is to say.
    I see nothing but a seed, I see nothing of what was said.
    Yellow cement light. Palm tree colored rainbows, and I know.
    And I know. and I don't know, and I don't know. 

  • hola guey

     

    [英詩] 


    Clear eyes, you dew, your dew, you're dew.
    Saved battle, you walk along the mattress.
    Saved battles, you say you're gonna be there after all.
    And here we go again, and here we go again.



    [日本語訳]


    美しい目、あなたは泣く、あなたの涙、あなたは涙
    闘いを救った後に、あなたはあの世に行く。
    闘いを救った後に、あなたは最後にそこに行くつもりだと言う。
    そして再び行こう、もう一度一緒に行こう

  • hyaline

     

    Let's pretend like we have a lot of money stowed away, somewhere dark and somewhere safe.
    An addition to the house, an addition to your mouth, and the words they stay the same.
    From all that was torn laying back and your work, and they lie out on your fingers,
    and they hatched from the time that you didn't know why and they're here, here to stay.

    Pretend that the one you built doesn't last for two minutes, it only lasts for two minutes.
    And your hands tells the top from your back dialogues.
    Sit down, stand up, sit down, go to sleep.
    Go to sleep.