[英詩]
 

There sings a man of joy, he likes to bring his choice.
Gets cut by all your time.
Now what do I say in disguise?
Now, what do I say when he's feeling so sound?
It's gonna be right away.
Now, what do I say when he's feeling so sound?
It's gonna be right away.
There sings a man of joy, he likes to bring his choice.
Gets cut by all your time. Now, what do I say in disguise?
Now, what do I say when he's feeling so sound?
It's gonna be right away.
Now, what so I say when he's feeling so round?
It's gonna be right away. 

 

[日本語訳]
 

ある男が喜んで歌っている。彼は自分の選択を抱えて生きることが好き。
あなたの全ての時間があなたを傷つける。
今、私は変装して何を言えばいいの?
今、私は変装して何を言えばいいの?彼がとても健全に感じている時に。
すぐに良くなるわ。
今、私は変装して何を言えばいいの?彼がとても健全に感じている時に。
すぐに良くなるわ。
 


[解説]
 

「自分の選択を抱えて生きることが好き」という歌詞は私が自分の意志で2000年間幽霊なのに天使だったことを踏まえての歌詞になります。私は自分が信じることをずっと行なう魂なので、このような歌詞があります。
 

「今、私は変装して何を言えばいいの?」という歌詞は、金星神が人間に自分の言葉を代弁させることを意味しています。金星神は「気」で関与することによって、人間に何かを言わせることはできますし、私はそのようにして金星神からの言葉を受け取ることも多くありました。神々と人間はいる世界が異なるので、直接は話せないのですが、神々は人間の身体に関与することで、自分の発言を人間に代弁させている側面もあります。
 

この歌は私が「闇」を経験している時代に、それが「健全」だと私が考えて生きてしまっている様を見ながら、金星神が「純が『闇』に堕ち、『闇』を健全だと思ってしまっている今、私は人間を通して純に何を伝えればいいのだろうか」と悩ましく思っていることを意味します。