植物について

植物とは我々人類にとって非常に重要なものです。しかし、人類の植物に対する理解状況は非常に乏しいのが現状です。ここでは、「植物とは何なのか?」といった基本的なことから、それぞれの植物の解説といった細かいことまで多くを書いていきます。どうして人類にとって植物が非常に重要なのかということの一つの理由が漢方です。漢方薬とは気の観点から作られた薬のことですが、まだまだ人類の知らない漢方とは存在します。そういった漢方がありさえすれば、多くの病は解決していきますし、またそのこととは正反対に我々は「ハーブティー」と称して気の観点からは毒の植物も摂取したりしています。ハーブティーの全てがそうであるわけではありませんが、こういったミスを犯さないようにするためにも、植物に対する気の観点を使った理解とは非常に重要です。

  • 植物について

    植物についての基本的な考え方をここで書いておきます。 植物には光の種と闇の種があります。その割合は光:闇=9:1です。この割合とは、宇宙全体の光と闇の理想バランスのことを表しており、当初星が誕生した時はその理想のバランス…

  • 光の幻覚性植物について

    植物には我々人間同様、魂が宿っています。そして、ある植物には精霊が宿っています。精霊が宿るその植物のことを「幻覚性植物」と言います。 世界各国のシャーマンはそういった幻覚性植物を長年使ってきました。そして、幻覚性植物の中…

  • 闇の幻覚性植物について

    闇の幻覚性植物について書きます。「光の幻覚性植物について」においても述べましたが、闇の幻覚性植物とは闇の精霊が宿っている植物のことを意味します。まだ「光の幻覚性植物について」を読まれていない方はこちらを先に読んで下さい。…