心の中に「嫌だ」「逃げたい」といった「気持ち」があると、人は「欲望」に逃げ込みたくなります。例えば、やりたくない仕事をやっていると、「ストレス発散」をしたくなり「欲望」を実践したくなります。

だから、最初の時点で「嫌悪」などに堕ちないことがとても大事で、「嫌悪」を防ぐ上で大事なことは「愛」を抱くことです。仕事の例だと、「家族のため」と本当に思えるなら、やりたくない仕事をやっていても「家族のためだから頑張りたい」と思うことができ、「嫌悪」に「愛」で勝つことができます。「したくない」が「したい」になるからです。

「ストレス」の正体は「嫌悪」です。そして、「愛」は「嫌悪」に勝つ力があります。だから、「愛」を選んでいれば「ストレス」などありません。そうすれば「ストレス発散」という形で「欲望」を実践する必要さえ無くなります。「ストレス」を解決するために薬などが使われる変な時代ですが、本当に有効な薬は「愛」です。