心の成り立ち(入門)

ここでは、心の成り立ちについて、最も重要な点をできるだけ分かりやすく、簡潔に書いていきます。このホームページを開いた時に最初に読んで頂けると幸いです。それぞれの文章はとても短いので、ここにある文章を上から順に読んでいって頂ければ、と思ってます。また、この章では、分かりやすさを最優先して考えているので、正確性については少し足りない部分もありますが、より正確に心の成り立ちを理解をされたい方は『心の成り立ち 基礎』のカテゴリーにある様々な文章を読んで頂けると幸いです。

  • 「愛」⇔「欲望」(2021/1/5更新)

    「愛」は「他者を大事と思う気持ち」のことであって、「他者を大事」と思うからこそ「他者のため」に何かをしたいと思います。それに対して、「欲望」は「自分が利益を得ることを目指す気持ち」であって、「利益を得ることを目指す」から…

  • 「幸せ」の定義(2021/1/5更新)

    「愛」から生まれる「喜び」は、愛する人が「幸せ」なことから生まれる感情です。そして、自分がその相手を「愛」し、相手が「幸せ」な限り、「喜び」は永遠に持続します。例えば、愛する我が子の笑顔から感じる「喜び」は、その子を「愛…

  • 「愛の価値」⇔「欲望の虚しさ」(2021/1/5更新)

    「愛」は「他者のため」だからこそ「価値」を感じ、「価値」を感じるからこそ「愛」を実践したいと思います。それに対して、「欲望」は「自分のため」だからこそ「虚しさ」を感じ、「虚しさ」を感じないためにも「欲望」でごまかそうとし…

  • 「他人の幸せは蜜の味以上」⇔「他人の不幸は蜜の味程度」(2021/1/5更新)

    自分が「愛」の立場に立つと相手が大事に思えるので、相手の「幸せ」から「喜び」を感じ、相手の「不幸」から「悲しみ」を感じます。「他人の幸せは蜜の味」という言葉があったとしたら、「蜜」はこの「喜び」のことです。 自分が「欲望…

  • 「愛」⇔「嫌悪」(2021/1/5更新)

    「嫌悪」は「欲望」に繋がる性質を持っています。例えば、 「人に嫌われたくないから、こうしよう」 「やりたくないから、早く終わらせたい」 「お金が無いのは嫌だから、稼ぎたい」 こういった動機の根底には「嫌悪」があります。で…

  • 「ストレス」の最大の解決策は「愛」(2021/1/5更新)

    心の中に「嫌だ」「逃げたい」といった「気持ち」があると、人は「欲望」に逃げ込みたくなります。例えば、やりたくない仕事をやっていると、「ストレス発散」をしたくなり「欲望」を実践したくなります。 だから、最初の時点で「嫌悪」…

  • 「分ける」と「選ぶ」

    文字通り「分かる」こととは「分ける」ことです。そして、「選ぶ」ことを可能にするのは「分ける」=「分かる」ことです。何故ならば、「分ける」ことで選択肢が生まれ、選択肢が無ければ、我々は「選ぶ」ことができないからです。 そし…

  • 「許す」⇔「許さない」(2021/1/5更新)

    「愛」の立場は自分よりも他者を大事に思うからこそ、他者が自分に「不利益」を与えても「相手のため」に「許す」ことを行います。それに対して、「欲望」の立場は他者よりも自分を大事に思うからこそ、相手が自分に「不利益」を与えると…

  • 「本気」⇔「浮気」(2021/1/5更新)

    「本気」⇔「浮気」の対立は「愛」⇔「欲望」の対立です。 「愛」を抱いていると「自分よりも相手が大事」と思うからこそ「相手のため」を思います。そして、最も大事な相手はこの世に一人だからこそ、その一人が根…

  • 「与える」⇔「奪う」(2021/1/5更新)

    「愛」は「相手のため」に何かをしたいと思うからこそ、自分が相手に「与える」ことを目指します。それに対して、「欲望」は「自分のため」に何かをしたいと思うからこそ、自分が相手から「奪う」ことを目指します。 「愛」は「相手のた…

  • 「与え合い」⇔「ギブ&テイク」(2021/1/5更新)

    「愛」は「相手のため」を思うからこそ「与える」ことを目指し、「欲望」は「自分のため」を思うからこそ「手に入れる」ことを目指しますが、こういった態度が「与え合い」と「ギブ&テイク」の違いに繋がっていきます。「与え合い」も「…

  • 「愛の関係」⇔「利害関係」(2021/1/5更新)

    人間の関係性は「愛」の関係性か「欲望」の関係性のどちらかになっていきます。そして、「欲望」の関係性は「利害関係」のことを意味します。 「利害関係」は「自分のため」に相手に付き合ってあげたり、相手の話を聞いてあげたり、様々…

  • 「認める」⇔「認めない」(2021/1/5更新)

    自分の過ちや自分の問題を「認める」ことと「認めない」ことにも「愛」と「欲望」に関する対立の意味があるので、そのことを説明させて下さい。 自分が良い人間になることは「相手のため」に自分にできることを増やします。例えば、本当…

  • 「相手を守る」⇔「自分を守る」(2021/1/5更新)

    「愛」の立場は「他者のため」なので「他者を守る」ことを行ないます。それに対して、「欲望」の立場は「自分のため」なので「自分を守る」ことを行ないます。このことについて、説明していきます。 我々は生きていて「他者を守る」か「…

  • 「愛」の種類(2021/1/5更新)

    「愛」は「他者を大事と思う気持ち」であって、だからこそ「他者のため」に何かをしたいと思います。この「他者を大事と思う気持ち」は全ての「愛」に共通するのですが、「他者のため」にどのような「愛」を実践したいと思うのかというこ…

  • 「欲望」の種類(2021/1/5更新)

    「欲望」は「自分が利益を得ることを目指す気持ち」であって、だからこそ「自分のため」に何かをしたいと思います。この「自分が利益を得ることを目指す気持ち」は全ての「欲望」に共通するのですが、「自分のため」にどのような「利益」…

  • 「嫌悪」の種類(2021/1/5更新)

    「嫌悪」は「自分が不利益を得ることを嫌がる気持ち」であって、だからこそ、その状態から脱することを「欲望」することに繋がりやすい性質を持っています。この「自分が不利益を得ることを嫌がる気持ち」は全ての「嫌悪」に共通するので…

  • 「欲望」と「嫌悪」(2021/1/5更新)

    「欲望」は「嫌悪」に繋がりやすく、「嫌悪」は「欲望」に繋がりやすい性質を持っています。 「欲望」は実現している時は「快楽」を得られるものですが、実現しない時は「嫌悪」を感じるものです。例えば、ギャンブルは当たれば「快楽」…

  • 「愛の苦悩」⇔「欲望の苦悩」(2021/1/5更新)

    「愛」の立場は「他者のため」だからこそ、「他者のため」に自分が何もできなかったり、自分の行ったことが他者を傷つけることなどによって、「苦悩」を感じます。それに対して、「欲望」の立場は「自分のため」だからこそ、「自分のため…

  • 「厳しさ」と「優しさ」

    理想的に人は様々な「愛」をバランスよく使えるようにしていくべきです。 「愛」の中には「厳しさ」があるものと「優しさ」があるものがあります。「厳しさ」は相手の「成長」を促そうとしたり、相手に試練を与える立場であるのに対して…

  • 「誰かのため」と「皆のため」(2021/1/5更新)

    「愛」は「他者のため」を思う心ですが、「愛」の中にも複数の種類があり、様々な「愛」を大きく二つに分ける観点が、「誰かのため」と「皆のため」という違いです。この両者の違いを分かることは、「愛」で生きていく方にとってとても大…

  • 「強さ」と「弱さ」

    何が本当の「強さ」であり「弱さ」であるのかを知ることはとても大事なことです。というのも、「強さ」と「弱さ」の本質を知らなければ、自分自身の「強さ」と「弱さ」も見えてこないからです。 人が自分自身の「強さ」や「弱さ」を知る…

  • 「道徳」と「義務」

    「道徳」と「義務」は本質的に異なります。この違いを知ることは、とてつもなく大事なことです。 例えば、「法律」は「強制力」があるが故に「義務」であるのに対して、「道徳」は「強制力」はないが故に「義務」ではありません。つまり…

  • 「男」と「女」の違い1

    男と女の精神的違いを理解することは非常に大事で、特に、男と女が向かうべき精神性を理解することは、我々の向かうべき点を明らかにします。そのことを理解する上で大事な点は身体の意味を理解することです。 男の体は女の体よりも「勇…

  • 「男」と「女」の違い2

    男と女の精神的違いを理解することは非常に大事で、特に、男と女が向かうべきではない精神性を理解することは、我々が向かってはならない「道」を教えます。 男が抱きやすい「闇」は「欲」であるのに対して、女が抱きやすい「闇」は「嫌…

  • 「愛」が生む「間違い」と「欲」が生む「正しさ」

    「愛」は「他者のため」を思うからこそ「正しさ」へ通じやすく、「欲」は「自分のため」を思うからこそ「間違い」へ通じやすいです。ですから、「愛」と共に生き、可能な限り「欲」を減らしていくことは、生きていく上での基本です。 し…

  • 「愛」と「信念」

    「善」を行なう動機は主に二種類で「愛」または「信念」です。この両者の精神性の違いを理解することは非常に大事です。 「愛」は「他者を大事に思う心」であり「他者を大事に思う」からこそ「他者のため」に何かをしたいと思う方向性で…

  • 「善」と「偽善」

    「善意」は「他者のため」を思う心ですから、もし「偽善意」という言葉があったとしたら、それは「自分のため」を思う心です。そして、基本的に「善意」から「善」は生まれ、「偽善意」から「偽善」は生まれます。 「善」と「偽善」は非…

  • 「楽しい善」と「苦しい善」

    「誰かのため」に何かをすることの中にも「楽しいもの」と「苦しいもの」があります。この両者がどのような違いがあるのかを理解することは大事です。 「楽しい善」は「欲望」に近いのに対して、「苦しい善」は「嫌悪」に近いです。だか…

  • 「裏切らない」⇔「裏切る」と「信じる」⇔「疑う」(2021/1/5更新)

    相手を「裏切らない」ことと「裏切る」ことは、「愛」と「欲望」の対立のことを意味します。「愛」は「相手のため」なので「裏切りたくない」と思いますが、「欲望」は「自分のため」なので「相手を裏切ってでも他の何らかの利益を選びた…