[英詩] 
 

Rain won't you go away, rain won't you go away…. because I want you too.
Now I found a home, now I found a home for you.
Rain won't you go away… don't you go away, won't you see the fray.
And I want you too.
Now I found a home, now I found a home for you.



[日本語訳]
 

雨はあなたを持ち去らない。雨はあなたを持ち去らない。なぜならば、私もあなたがほしいから。
今、私は家を見つけた。今、私はあなたのための家を見つけた。
雨はあなたを持ち去らない。あなたにそのほつれを見せない。
そして、私はあなたがほしい。
今、私は家を見つけた。今、私はあなたのための家を見つけた。



[解説]


雨は水星神様が司っているものです。ですから、「雨はあなたを持ち去らない」=「水星神はあなた(純)を導かない」、「あなたにそのほつれを見せない」=「水星神はあなた(純)に『闇の気』が宿っていることを教えない」ということを意味します。そして、この歌は金星神が創っているので「なぜならば、私もあなたがほしいから」=「金星神はあなた(純)を導きたい」ということを意味します。
 

そして、「今、私は家を見つけた。今、私はあなたのための家を見つけた」という歌詞は金星神が金星を手に入れたということを意味します。2012年の12月まで金星は地球に「金の気」を送ることが出来ない時代を2000年以上経験していました。しかし、2012年12月より、金星は再び「金の気」を地球に送るようになっています。ここで歌われている「新しい家」とはそういった意味で、地球に「金の気」を降り注ぐことができる金星の状態になったということを意味します。金星からの「金の気」が再び降り注ぎ始めたことに関しては、ここを読んで頂けると幸いです。
 

http://junashikari.com/energy/2012年12月より金星の気が降り注ぎ始めたことについ/
 

金星からの「金の気」によって私は導かれてシャーマンになっています。私がシャーマンとなった大きなきっかけは旅に出たことですが、その旅に出たいと思ったのは2012年11月であって、神々はわざと時期を一致させています。このことについては、『私の人生の流れ4』で詳しく書きます。
 

とにかく、金星神は金星に宿る「金の気」を司る神様であって、この歌詞は金星からの「金の気」を地球に送ることができたということを意味します。そして、金星神は自分の「金の気」によって私が「光」のシャーマンになることを導くつもりだったからこそ、このような歌を創っています。