ここでは、物事を「分かる」ということが、どういう心の動きであるのかを説明していきます。
 

【「分かる」ことは「分ける」こと】

「分かる」という言葉が「分ける」と書くように、物事を「分かる」上で大事なことは「分ける」ことです。「分ける」ことによって、漠然としたそれぞれの「要素」に対して「位置付け」を行なうことができるようになり、その「位置付け」によって、それぞれの「要素」の「本質」を深く理解することができるからです。

例えば、心の成り立ちを「分かる」ために、まず最初に必要な「分け方」が「愛(相手のため)」と「欲望(自分のため)」で「分ける」ことです。我々はいつも自分の心を「相手のため」もしくは「自分のため」に使っているので、この「分け方」は様々な「気持ち」の「位置付け」を理解することに繋がります。そのことによって、それぞれの「気持ち」の「本質」が明らかになっていきます。具体的に例を挙げると、「怠惰」は「自分のため」なので「欲望」の一種、「思いやり」は「相手のため」なので「愛」の一種というような形で、「怠惰」と「思いやり」の「本質」が見えてきます。

こういったことは他の様々なことにおいて同様に言えます。例えば、ある物質が「炭素」や「窒素」といったどんな「元素」によってできているのかを「分ける」ことによって、理解しようとしている物質の「本質」が見えてきます。

とにかく、我々が何かを「分かる」ことを目指す時、その時に「分ける」ことをよく行なっていることは意識化して頂けると幸いです。そういう意識化をしない限り、何かを「分かる」ことを目指す時に、「分ける」という方法があることに気付きにくくなるからです。
 

【「知る」】

我々が何かを「分かる」ことを目指す時、「分ける」ことと同じくらい大事な要素が「知る」ことです。例えば、「愛」と「欲望」が「相手のため」と「自分のため」という対立軸を持っていることを「知る」ことなしに、「愛」と「欲望」で「分ける」ことはできません。また、それぞれの「炭素」や「窒素」といった「元素」を「知る」ことなしに、「炭素」と「窒素」で「分ける」ことはできません。

このような形で、我々は何かを「分かる」ことを「知る」ことと「分ける」ことを混ぜながら行なっている時もありますし、「分ける」ことだけによって行なう時もありますし、「知る」ことだけによって行なう時もあります。

「知る」ことだけによって何かを「分かる」時の具体例を挙げると、例えば、「怠惰」は結局は「自分が楽をしたい」という動機によって生まれる「気持ち」であることを「知る」ことなどです。「愛」と「欲望」で「分ける」ことを行なうことによっても「怠惰」の「本質」は見えてきますが、「怠惰」の動機を「知る」ということによっても、我々は「怠惰」の「本質」について理解を深められます。

このような形で、我々は何かを「分かる」時に「分ける」と「知る」ことを使いながら、理解を深めている構造があることも意識化して頂けると幸いです。
 

【「気付く」】

「知る」ことと合わせて理解すべきことが「気付く」という心の動きです。「知る」は自分の外部から「情報」を手に入れるのに対して、「気付く」は自分の内部に「情報」が浮かぶことを意味します。この両者は何らかの「情報」を手に入れているという意味では同じですが、その手に入れ方が違う形になります。我々は何かを「分かる」時に、「気付く」ということもよく使っているので、このことを意識化することも大事なことです。

例えば、このページの文章を読めば「怠惰」に関する「本質」を文章を通して手に入れることになりますが、これは「知る」方向性です。それに対して、御自身が自分が「怠惰」に捕まっている時の記憶を参照し、「あの時何もしたくなかったのは、仕事が嫌だったことも原因の一つだろう」と「気付く」こともできます。こういった形で、何かに「気付く」ことも、物事の「本質」が「分かる」上でとても大事なことなので、意識化して頂けると幸いです。

(ちなみに、この「具体例」を「抽象化」できれば、「人は、嫌なことをしないといけない時に、怠惰に捕まりやすくなる」という「本質」が見えます。そこからさらに理由を「問う」ことができれば、「嫌なことに対する『したくない』という『嫌悪』が『しないでいたい』という『欲望(怠惰)』に繋がる」という『怠惰』の『本質』の理解に繋がります。「具体」と「抽象」の構造や「原因」と「結果」の構造について理解することも物事を「分かる」=「本質を理解する」上でとても大事な道具となるのですが、将来的に解説します)
 

【「分ける」「知る」「気付く」「理解する」の使い分け】

今まで説明してきた「分ける」「知る」「気付く」という言葉は心の中や会話で厳密に使い分ける癖を付けた方がいいです。何故ならば、そういう使い分けをしようとすることを通して、「分ける」「知る」「気付く」ということの違いをより深く理解できるからです。

こういう使い分けをしようとすることが、「問い」に繋がります。「今私は『分ける』ことによって『分かる』ことを目指したのかな?」「今自分は『分ける』ために『知る』ことを目指したのだろうか?」「今俺は『気付いた』ことによって『分けられる』ようになったのだるか?」といった形で、「自問自答」を行なうことになり、そのことによって「分ける」「知る」「気付く」の違いと関係性をより深く理解できます。

ちなみに、「理解する」という言葉は「分ける」「知る」「気付く」という要素の複数が混ざっている時に使うことができる言葉なので、「理解する」という言葉も合わせて使い分けて頂ければ、と思っています。

このような努力をすることは面倒なことのように思われるかもしれませんが、「分ける」「知る」「気付く」ということの「本質」を理解することはとてつもなく大事なことです。何故ならば、我々が何かを「分かる」時にどれ程「気付く」ということを行なっているのかを理解することがとてつもなく大事だからです。ここでは詳しくは説明はしませんが、これが「分かる」と目に見えない存在が自分にどのように関与しているのかがよく「分かる」ようになります。


※最後に(「知恵」について)

この文章自体、「分かる」ということの心の動きを「分ける」「知る」「気付く」といった「要素」に「分ける」ことによって、「分かる」という現象を読み手が「分かる」ことを促そうとしています。そして、読み手がこの「分け方」を「知る」ことを通して、今後「分かる」という現象を「分ける」ことができるようにしようと試みています。それを読み手がすることによって、読み手はより深く「分かる」という現象について「分かる」ようになるからです。

いつもこのような形で、このホームページでは「分け方」を「知らせる」ということを行なっていると理解して頂けると幸いです。こういう「分け方」を「知る」ことが「分ける」ことができる「知恵」に繋がり、そのことによって物事の「本質」が「分かる」ようになります。

「知る」ことがもたらす「恵」と書いて「知恵」です。そして、物事の「本質」が見えるようになる上で必要なものは正しい「分け方」です。そういった「分け方」に関する「情報」を「知る」ことが「知恵」に繋がります。つまり、「知恵」とはそういった「分け方」に関する「情報」そのものであり、その「情報」によって物事の「本質」が見えるようになるという「恵」をもたらすものです。

このような意味で、このホームページがいつも「知恵」を他者に与えようとしている場であることも、「分かる」という現象の内容と合わせて理解して頂けると幸いです。