日本では年間3万人以上が自殺をしています。大雑把に言うと、一日に100人が自殺していることになります。本当に酷い状況です。死因不明は自殺扱いにはならないので、実際は一年間に10万人近く自殺しているとも聞きます。そんな国に生きているのですから、自殺については実情を知ってほしく思います。あなたのことだけに限らず、あなたの家族や友人が自殺する可能性だってあるのですから、正しい知識さえあれば彼らを助けられるかもしれません。

私が声を大にして言いたいのが、自殺をして亡くなった方がその後にどういう状態になっているか、ということです。このことを理解することが本当に大事です。

人間自殺をすると必ず幽霊になります。なぜならば、死ぬ時に闇の感情を持ってしまえば必ず幽霊として地上を彷徨うことになるからです。そして、大事なことは、亡くなって霊となってしまった方は、亡くなった時の感情のループの中にあるということです。我々は多くの場合、身体を通して感情を抱いています。ですから、身体が無い状態だと心を動かすことが非常に困難になります。

ですので、自殺をした場合、自殺をした時の気分のまま地上を彷徨うことになります。それは地獄といってもいい程の苦しみです。また、基本的に自殺をして霊となった方の場合、その方は自殺したその場所から動けなくなります。基本的には数年感そういう時期を過ごすことになります。何年間そこで時を過ごさないかといけないかというと、それは神々によって決められます。

苦しいのですから、自殺をした霊は誰か人間に憑こうとします。誰かの肉体に宿ることができれば、魂の苦しみは緩和されます。なぜならば、身体を手に入れ、憑かれた人に魂の苦しみの半分を与えることができるからです。そのことにより、その霊の苦しみが半分になります。

逆に、自殺をした霊に憑かれた方は、その霊の気分をもらうことになります。すると、当然憑かれた人は自殺をしたくなります。なぜならば、憑いている霊は自殺をした時の気分のままだからです。

今色々な人の除霊・浄霊をしていますが、自殺をした方の霊が憑いている方は必ずといっていい程、自殺願望を抱いています。「俺は死にたい!」「私はもう死ぬ!」というような発言を周囲に振りまき、そのことで周囲の方が心配して私に連絡をしてくるという形はよくあります。

本当に気を付けて下さい。もし自殺をしたくなったら、これが本当に自分の気持ちなのか、を考えてみて下さい。そして、自殺をした霊が憑いているのではないか、ということを問うてみて下さい。もし御自身の状態を確かめたいのでしたら私に一報下さい。10秒程でチェックできるので、気軽に連絡して頂いて結構です。

自殺をした霊が憑くと自殺をしたくなる。それで本当に自殺をしてしまう方は日本にはかなりいます。これは確かめようはないですが、去年2014年の三万人の自殺者の内の1万人はそういった形で亡くなっています。実際の自殺者は10万人近くいるという話は最初に書きましたが、基本的に自殺者の3分の1は自殺した霊に取り憑かれることによって自殺を行なっています。

東京は頻繁に人身事故で電車が止まります。電車の飛び込み自殺が遺族にとってどれだけ迷惑であるかはかなり知られているのに頻発する。その本当の原因は飛び込み自殺をした霊に引き込まれていることです。

自殺が連鎖するのも同じ理由です。一人の人間が自殺をすると、その方の友人も自殺をしてしまう、ということは少なくありません。その本当の意味は、先に亡くなった方の霊が友人のところに行き、その友人を自殺に引き込んでしまうということです。

現代の日本人は魂を信じなくなり、それと同時に幽霊も信じなくなりました。それに伴い、成仏されていない霊が山ほどおります。その霊の中でも自殺をして亡くなった方の霊には本当に気をつけなければいけません。

自殺をしたくなったら、周りに自殺願望を抱いている方がいるなら、憑かれている可能性を考えてみて下さい。それで、命を祖末にすることももっと減っていくと思います。大事なことなので、生涯にわたってこのことは覚えておいて頂けると幸いです。