寄付のお願いをさせて下さい。

現在経済的に非常に厳しい状態になっています。全財産は3万円を切り、家賃などを払うこともできない状況です。寄付のお願いをさせて頂くに当たって、私の今の状況を説明する必要があると思いますので、私がどのように生活を成り立たせているのかといったことや、いつも何を行なっているのかといったことを説明させて下さい。
 

【どのように生活を成り立たせているのか】

私は全ての相談や治療などは無料で引き受け、自分の知識も無料で他者に提供しています。そして、寄付金のみで生き、研究費なども寄付金の中から払ってきました。シャーマンになって、人からお金を取ったことは一度もないですし、これからもそういったことをするつもりはありません。

どうして、このようなことを行なっているかというと、「ギブ&テイク」ではなく「与え合い」が行われる社会を実現したいと思っているからです。そういう社会を目指している人間としては、まず自分がそれを行なうべきだと思うからこそ、このような形で生きています。

自分が何かを「得る」ために他者に何かを「与える」ことは、本質的に「相手のため」ではなく「自分のため」です。本当の「相手のため」のスタンスは見返りを期待しない、ただ「与える」というものです。だからこそ、私は絶対に「ギブ&テイク」をせず、ただ「与える」ということを心がけてきました。

今日本にいる多くの気功師・シャーマン・霊能力者・占い師と呼ばれる人達は他人からお金を取ってばかりです。お坊さんであっても、商売になってしまっている人が多くいます。これは大きな間違いであって、本当に酷い現状があります。神々に仕える立場の人間は、100%「他者のため」に自分の人生を捧げるべきであって、そういう立場の人間が「自分のため」に人からお金を取っています。このことは大きな問題です。

私が他人からお金を取らないようにしていることは、本当に「他者のため」に生きる気功師として、彼らに正しい姿を見せ、彼らを変えたいからでもあります。気功師といった人々はお金を取らないといった流れができると、お金目的に活動している気功師などは活動をしなくなっていくので、本当に神々に仕えている気功師しか残らなくなっていくとも思っています。

ただ、現実的にお金が本当に無くなってしまえば、アルバイトを行なう必要があります。けれども、それは時間がとてももったいないと思っています。シャーマンになって今日に至るまで、私は朝起きた瞬間から夜寝る瞬間までいつも全力ですべきことをしていますし、やるべきことは山のようにあるからです。

例えば、今自分が理解している知識をこのホームページに書き切るためには、毎日ずっと文章を書き続けても半年はかかる程に、自分が理解していることとこのホームページに書いていることにはギャップがあり、そのギャップを埋めていくことに時間を費やすべきだと思っています。また、さらなる理解を深めるためにも、修行や研究にできるだけ多くの時間を割くべきだとも思っています。

そんな中で、生活費を稼ぐためにアルバイトをする時間を作ってしまうのは間違っていると思っています。だからこそ、寄付をお願いを書かせて頂いている形になります。


【自分が今どのように日々を生きているのか、何故そのような形で生きているのか】

今私が行なっている事は大きく分けて2つで、一つは修行、もう一つは様々な事柄の研究とホームページに文章をアップしていくことです。修行は昨年の1月から一年半ずっと続いていますが、修行が始まった当初は修行以外のことは何もできず、様々な事柄の研究と文章を書くことは全くできない状態でした。しかし、今は修行よりも様々な事柄の研究と文章を書くことの割合の方が高い形になります。

今行なっている修行とは何のことを意味するかというと、様々な「気」が自分に入ってくる中で、様々な「気持ち」を経験し、そのことを通して「気(気持ち)」について理解することです。様々な「気持ち」のことを理解するためには、実際にその「気持ち」を経験する必要があります。そして、私は「気持ち」のことを説明することが大きな役割なので、そのためにいつも様々な「気」が神々から送られては、その「気持ち」を経験し、その「気持ち」のことを言語化する作業をずっと行なってきました。

具体的に何をしているかというと、例えば、私は基本的に「水の気持ち」を抱く中を生きていますが、「水の気持ち」を抱いた状態で自分が抱いている気持ちについて分析することで、「水の気持ち」の強みと弱みを経験を通して学ぶことになります。そして、そういった状態の中で、神々はわざと自分に「水の気持ち」が故に堕ちやすい「闇の気持ち」をもたらす「闇の気」を自分に送り、一度私を「闇の気持ち」に堕とし、その後で再び「水の気持ち」に戻し、気持ちの変化の分析を行ない、そのことで「水の気持ち」はどのような「闇の気持ち」に堕ちやすいかを学ぶといった形です。

http://junashikari.com/emotion/水の気持ち/​

二ヶ月前に「『水の気持ち』について」の文章を更新しましたが、この文章はそういった修行の成果として生まれています。このようなことと同じことを、「水・火・風・土・金の気持ち」で行ない、そのことによってそれぞれの「光の気(気持ち)」の本質や長所や短所、それぞれの「光の気持ち」がどのような「闇の気持ち」に堕ちやすいのかを体験を通して分析している形になります。私はこういったことを行う中で「気」についての学びを深めては、その学びを世に広めることを人生の役割として持っている人間です。

一日の中で考えると、朝起きた時から夜寝る時まで、修行と様々な事柄の研究と文章を書くこと以外はほとんど何もしていません。自分の時間は全くない状況になります。これが昨年一月からずっと続いている時間的な状況になります。

研究と文章を書くことはこのホームページに書いているようなことをずっと行なっています。修行を通して理解した心の成り立ちを書いたり、神々と共に働いている作家の作品の分析とその分析を書いていくことです。

私のホームページをよく読んで頂いている方には伝わると思うのですが、「気(気持ち)」に関する知識は我々が生きる上での「ルール」に相当するものです。「気」のことを理解することは「気持ち」のことについて理解することであって、「心の成り立ち」について理解することです。しかし、現代はその「ルール」=「心の成り立ち」が忘れ去られている現状があり、そのせいで皆が「幸せ」とは何なのかといった、「心の成り立ち」に関するとても基本的なことを見失っています。だからこそ、そういった「ルール」を学び、文章として書いていくことが何よりも重要なことであることは分かって頂けると思います。

神々はそういった「気(気持ち)」の知識を人間に伝えるために、アートに関与し続けてきました。だからこそ、「気(気持ち)」の知識とアートの分析とはセットで理解されるべきものであって、そういった形で「気(気持ち)」の知識が広がっていくのであれば、「気」のことを信じるのではなく、「気」のことを人間は知ることになります。そして、それは神々や悪魔の存在や、彼らが何をやっているのかを知ることに結びつきます。

宮崎駿・庵野秀明・高畑勲といったアニメーション作家の作品から様々な映画監督の作品や歌手が残してきた歌には神々からのメッセージに満ちています。そういう意味で、神々と働く表現者が残してきた作品は我々が大事なことを学ぶための教科書の意味を持っています。しかし、そういった教科書にどのようなメッセージが込められているのかをまだ人間は理解していません。このホームページで行いたいと思っていることは、そういった教科書を理解するための参考書を作ることです。

そういった参考書を作るために、日々全力を尽くしていると思って頂けると幸いです。様々な映像作品の登場人物達の心の動きの意味を理解するためには、その登場人物達が経験している「気持ち」を経験する必要があります。また、様々な歌手の歌を本当に理解するためには、その歌手達が経験している「気持ち」を全て自分が経験する必要があります。そういった経験があって初めて「気持ち」のことは言葉のレベルで説明できるようになります。そういったことを行うために、日々様々な「気」を神々から送られ、様々な「気持ち」を経験し、その経験と合わせて、様々な作品の分析をする中で、言葉のレベルで説明できるように理解を深めています。今、ホームページに既に書いている内容は、そういった理解のごく一部だと思って頂けると幸いです。
 

【支出の具体的内容】

[生活費について]

修行が始まる直前の2015年12月から、神々に指定された1Kタイプのマンションに住んでいます。この場所に住んでいなければ、修行はかなりやりづらかったと思っていますので、神々が今の部屋を選んだことについては納得しています。ここの家賃と水道光熱費やネット代が最も大きな支出です。

食費についてですが、いつもほとんど同じものしか食べていません。一日二食で、昼にカレー、夜はうどんか蕎麦になります。時間はないので、自炊をするわけにはいかず、昼は近所のインドカレー屋、夜は近所の何らかの麺屋で食べています。

私は人よりも「気」に関して極端に敏感な身体なので、一日5リットル以上水を飲む必要があり、ヴォルビック1.5Lを安く買い、一日3本程度飲んでいます。水は飲食するものの中で最も重要なので、ヴォルビックを飲んでいる形です。

また、神々からの指示で一年前から猫を飼っていますが、その子の餌代・トイレ道具代が毎月数千円程度になります。猫は神々からの導きに非常に素直ですから、人は猫を通して神々とコミュニケーションが取れます。例えば、猫がパソコンのキーボードを勝手に打ち、神々が猫を使って「OK」などを打ったりします。また、猫は人間から「闇の気」を吸ってくれますし、「愛」の感情を抱きやすくなるので、現代人にとって猫はとても素晴らしい存在です。だから、神々は猫をもっと日本人に飼ってほしいと思っていますし、私も猫を人に薦めるべき立場になります。今まで私は猫を飼ったことはなかったので、今初めて飼い、猫を通した神々とのコミュニケーション方法を整理・体系化、猫と共に生きているとどのような感情を経験するのかを学んでいる形になります。

下駄や靴下がボロボロになれば買い直すこともありますが、服を買ったりすることは必要最小限に抑えています。そういった出費も時折あります。

私自身の生活費は月に20万円を超えるくらいです。外食ばかりだからこそ、20万円はどうしても超えてしまいます。「欲望」とは縁を切っているので、贅沢をすることには全く興味はありませんし、寄付金を自分の贅沢のために使うことはあり得ないとも思っています。
 

[研究費について]

研究費についてですが、これは何を意味するかというと、様々なアーティスト(歌、映画、アニメ、漫画)のCDやDVDや本になります。できるだけTSUTAYAなどで借りるようにしていますが、どうしても時間が無い場合などはAmazonの中古でできるだけ安いものを買うようにしています。また、レンタルに置いていないものも多く、買わざるを得ない作品も多くあります。また、NetflixやHuluといった動画サイトやライブ映像をよく放映してくれるWOWOWにも加入しているので、そういう出費もあります。また、中島美嘉については実際にどのような「気」で歌っているのかを直に感じるために、この一年半でコンサートに何度も足を運んでいます。他にも、行くべきだと判断したコンサートには行っていますが、多くても月に一度程度です。

普通に考えると、CDやDVDや本は楽しむものですが、私はそういった形で自分が楽しむために入手しているわけではなくて、徹底的に分析を行なうために入手していると理解して頂けると幸いです。

歌については歌詞の一言一言や構造を分析し、その歌手がどんな「気」で歌っているのかを分析しています。ライブDVDについては身体の動きや衣装を分析し、歌手が書いた本については、神々がその歌手に何故この言葉を書かせたのかを分析するようにしながら読んでいます。歌詞や文章には神々は全力で関与しますし、無意識の身体の動きは共に働いている神々の影響をかなり受けます。だからこそ、こういった分析はとても重要になります。

研究費は毎月3〜5万円程度です。ですから、私の生活費と研究費を合わせて約25万円という状況です。

私が今必要としているお金は毎月25万円です。それをなんとか寄付でまかなうことができれば、自分がすべきことに集中ができるのですが、寄付でまかなうことができなくなれば、とても厳しくなっていきます。今までは寄付でなんとかうまくいっていたのですが、今回のように寄付をお願いしたことが過去に2度あり、今回が3度目になります。


【最後に】

もし私がお金をたくさん持っていたら、そのお金を他人に寄付します。今も他人に寄付できるだけのお金さえあれば解決する問題は多くあります。

例えば、本当に重要な歌手なのに、収入がそんなにないが故にバイトをやっている人などはいます。けれども、どう考えてもそれはその歌手の活動の足を引っ張っています。ですから、本当はそういう人達を支えるために毎月お金を送るようなことをしたいと思っています。また、PVの撮影費さえ用意できれば、そのPV撮影が実現できるようなケースなどもあります。それは有名歌手であってもそうであって、具体的にそのことで悩ましい思いをしている件もあります。

他にも、本当に世のためになることをやっている人が、必要なお金を持っていないケースは多くあります。私自身が自分がすべきことをするために必要なお金は月に25万円です。それ以上は基本的に必要ないので、もっと多くのお金が手に入ったのであれば、必要な人にお金を回したいとはいつも思っています。だから、そういう意味で「お金がたくさんあれば、、、」と思うことはよくあります。

また、もっとお金が入ったならば私ができることも増えます。特に、最近はもっと音楽と映像を使うべきだと思っていて、いざそれを実現しようと思うと、必要な道具(録音のための機材やコントラバスの弦など)を購入する費用がかかってしまいます。今持っている機材でもなんとかなる部分はあるのですが、クオリティが低くなってしまいます。また、今持っている機材では作ることができない音楽もあります。

私は元々は音楽家ですし、映像をやっていた時期もあります。音や映像を使った方が相手にもっと伝わりやすいということは分かっているのですが、今までは音楽や映像に手を伸ばす時間がありませんでした。ただ、様々な理由があって、今はそういったことにも手を伸ばさないといけない時期だと思っています。特に、自分がどういう人間であるのかが伝わるような、自分のことを紹介するような映像は作らないといけないと思っています。それを作るとしたら10〜15分程度の映像で、私の話と私の音楽と私が撮影した映像を組み合わせるようなものです。また、東京を色々な場所を私が撮影し、その映像にナレーションと音楽を組み合わせることで、多くの人が気付いていない、東京の持っている「闇」を説明するような映像も作った方がいいと思っています。

私の音楽・映像がどういうものなのかを理解して頂くために、自分の演奏や作成した映像を貼り付けておきます。聴いたり観たりして頂けると幸いです。


・歌ものの音楽

 



・即興演奏
 

 

・映像作品(演奏あり)
 

 

・ショートドキュメンタリー(演奏あり)
 

※8:20から自分が話していますが、これから映像を作るのであれば、このような形になると思います。自分のナレーション・自分の撮影した映像・自分の音楽を組み合わせるような形です。


これらの音楽や映像を鑑賞して頂ければよく分かって頂けると思うのですが、音楽や映像が伴うと文章だけでは絶対に伝わらない要素が伝わります。そして、そういった要素を伝えることはとても大事です。何故ならば、様々な言葉がどういった感情を持っているのかがよく伝わるようになるからです。本当に私が皆さんに伝えたいと思っていることを伝えるためにも、これからはもう少しそういったことをやっていきたいと思っています。

私が具体的にどのような状況を生き、どんなことを考えながら生きているかを知って頂けると幸いです。私は自分の私利私欲のためにお金は一切使いません。頂いたお金は優先順位が高い順に必要なことに使っていきたいと思っています。もし、自分が最低限必要としている以上のお金が手に入り、余裕ができたのであれば、今行なっている活動以上のことができると思います。それは、高いクオリティの音楽や映像を使うことだったり、本当にお金を回すべき人にお金を回すことなどです。とにかく、皆様から頂いたお金は一円も無駄にすることなく、この世界のためになるような使い方をします。

もし、寄付をして下さる方がいらっしゃいましたら、こちらの方までお願いできると幸いです。

りそな銀行 福岡支店(店番号:711) 口座番号 0255762(普通預金) 芦刈 純(アシカリ ジュン)