自分の過ちや自分の問題を「認める」ことと「認めない」ことにも「愛」と「欲望」に関する対立の意味があるので、そのことを説明させて下さい。

自分が良い人間になることは「相手のため」に自分にできることを増やします。例えば、本当に心が「強さ」を持っていれば、自分が愛する「相手のため」にどんな辛いことでもできるようになります。逆に、「弱さ」があると「相手のため」にできないことが出てきます。だからこそ、「愛」に生きる人は「弱さ」を乗り越え「強さ」を育もうとします。

このような意味で、「相手のため」に自分が成長することを目指す態度が「愛」に基づく「向上心」です。そして、こういった「向上心」が自分の過ちや自分の問題を「認める」ということに繋がっていきます。誰にとっても、自分の良くない点を「認める」ということは楽なものではありませんが、「愛」を抱くと「相手のため」にそういった努力をしたいと思えるからです。このような形で「愛」が「認める」という態度に繋がっていきます。

「自分のため」に生きていると、自分の良くない点を「認める」ことさえも「自分のため」です。だからこそ、自分の足りない点を「認める」ことが「自分のため」にならなければ「認めない」ということを行います。例えば、「怠惰」な人がいたとして、その人が他人からその「怠惰」のことを指摘されても、その人は自分自身の「怠惰」から「快楽」を得ているので、他人のその指摘を「認めない」ということを通して、一番自分にとって楽な道を選ぼうとします。「怠惰」に取り憑かれると、楽をすることを優先するが故に、このような形で現実を見ないようになり、その態度が「認めない」態度に繋がります。

「怠惰」も1つの「欲望」であって、全ての「欲望」に基づく気持ちはこのような形で「認めない」態度に繋がっていきます。例えば、「逃げ」に取り憑かれていると、「認める」ことから「逃げ」ることで「認めない」ですし、「疑い」に取り憑かれていると、自分の足りない点を指摘した人に対して「疑い」を抱くことで「認めない」ことを行います。このような形で「欲望」は「認めない」という態度に繋がっていきます。

では、「欲望」に生きている人がどのように「認める」と「認めない」を選択しているかというと、自分の中で自分の足りないことを「認める」ことによって感じる苦悩という「不利益」と、そのことを「認める」ことによって自分が得ることができる「利益」を無意識に天秤にかけ、その結果として「認める」か「認めない」かを選択しています。

「相手のため」に自分が成長することを目指す態度が「愛」に基づく「向上心」ですが、「自分のため」に自分が成長することを目指す態度が「欲望」に基づく「向上心」です。そういった「欲望」の「向上心」が強い人は「欲望」が強い人ですが、そういった人は自分にとって都合の悪い自分の足りない点でも「自分のため」に「認める」ことを行います。

また、「愛」の「向上心」も「欲望」の「向上心」も無い人は、自分の足りない点を「認める」ことはとても難しいです。我々はいつも自分の中の動機によって、何かを選んでいますが、こういった人は何かを「認める」動機自体が無いからです。

「認める」ことと「認めない」ことがこのような構造を持っていることを知って頂き、自分が何かしらの自分の足りない点を認めるべきタイミングが訪れた時には、「他者のため」に「認める」ことを選んで頂けると幸いです。そのことによって、一歩ずつ自分の足りない点を乗り越えていくことができます。