「本気」⇔「浮気」の対立は「愛」⇔「欲望」の対立です。

「愛」を抱いていると「自分よりも相手が大事」と思うからこそ「相手のため」を思います。そして、最も大事な相手はこの世に一人だからこそ、その一人が根元となり、他の人に浮つかず「本気」です(「本」という漢字は「木」という漢字の根元の部分に点が付いた文字で「根元」そのものを表します)。

「欲望」を抱いていると「相手よりも自分が大事」と思うからこそ「自分のため」を思います。そして、自分を楽しませる相手はいくらでもいるからこそ、誰も根本とならず、他の人に浮つき「浮気」です。

ですから、自分の気持ちが浮ついているかそうでないかを見定めることによって、自分が「愛(本気)」と「欲望(浮気)」のどちらを選んでいるのかを確かめることができます。