自分が「愛」の立場に立つと相手が大事に思えるので、相手の「幸せ」から「喜び」を感じ、相手の「不幸」から「悲しみ」を感じます。「他人の幸せは蜜の味」という言葉があったとしたら、「蜜」はこの「喜び」のことです。

自分が「欲望」の立場に立つと自分が大事に思えるので、相手の「幸せ」から「嫉妬」を感じ、相手の「不幸」から「優越感」を感じます。「他人の不幸は蜜の味」の「蜜」はこの「優越感」のことを意味します。

色々な場面で「他人の不幸は蜜の味」ということは言われますが、この言葉は罠なので気を付けて頂けると幸いです。「他人の不幸は蜜の味」ということが常に成り立つと思っていると、自分が他人の「不幸」を通して「快楽(優越感)」を感じていても、それが当然のことと思ってしまいます。そうなると、どんどん性格が歪んでいってしまいます。

「他人の不幸は蜜の味」は常に成り立つことではなく、「欲望」を選ぶのであれば成立し、「愛」を選ぶのであれば成立しないこととして理解して頂けると幸いです。そのことによって、「他人の不幸は蜜の味」という言葉の罠に捕まらないようにすることができます。