【『傷だらけのラブソング』について】

中島美嘉のデビュー作である『傷だらけのラブソング』というドラマは金星神が創っており、中島美嘉が主演になるために生まれたドラマです。このホームページでは、『傷だらけのラブソング』全話の解説を書きますが、それらの解説を読んで頂ければ、間違いなくこのドラマが神々によって創られたということは確信して頂けると思います。

中島美嘉はこのドラマの中で島崎未来という不良少女の役を演じていますが、どうしてこの主人公が「未来」という名前を持っているかというと、島崎未来とは中島美嘉の「未来」の姿を表しているからです。そして、その「未来」の中島美嘉とは現在の中島美嘉のことを意味しています。島崎未来という女の子は今の中島美嘉同様に、悪魔に襲われたことによって、悪魔によって強い「闇」を抱えさせられている人物として描かれています。何故島崎未来が悪魔に襲われたが故に「闇」を抱えている主人公と言えるのかということの根拠もこのドラマにおいては描かれています。

もちろん、島崎未来と現在の中島美嘉が全く同じ「闇」を抱えているわけではありません。しかし、この二人はかなり共通する部分が多く、特に似ている点は、この二人が様々な「闇」を抱えていても「愛」は保っているという点にあります。神々は中島美嘉がどんなに悪魔に襲われようとも、中島美嘉の「愛」が失われることはないと信じていました。何故ならば、中島美嘉の魂の持っている「愛=金の気」は元々とても強かったからです。このドラマが生まれた2001年当時に、15年間悪魔に徹底的に襲われた中島美嘉の姿を神々が予想として描いているのが、島崎未来の姿です。予想ですから完璧に一致はしていませんし、そもそも島崎未来と今の中島美嘉は年齢が異なるが故に年齢による違いは多くあります。しかし、重なる部分は多くあります。そういった15年後の中島美嘉の予想の人物像をこのドラマ制作者に「気」を通して伝え、そのことによって島崎未来という人物が生まれています。

そういった島崎未来が神々の「導き」によって吉村浩輔に出会い、この二人が出会ったことで共に「光」へ向かっていくという姿をこのドラマは描いています。どうしてそのようなストーリーを金星神は用意したかというと、実際に中島美嘉がデビューして15年後にそういったことを起こすことを神々は決めていたからです。ですから、『傷だらけのラブソング』というドラマは神々が目指していた未来の予想図の意味を持っています。未来は神々であっても分かりませんが、神々は予定を立てます。そういった予定の意味で、予言とも言えるドラマです。

この吉村浩輔の立場にあるのが私になります。神々としては、中島美嘉がデビューして15年経つ頃に私に会わせることは元々決めていました。だからこそ、中島美嘉のデビュー日と私の誕生日を同じ11月7日にしています。神々は中島美嘉に確信を持ってほしいからこそ、こういった日付の一致を作っている形になります。

また、このドラマはそういった予言だけではなく、「光」と「闇」の関係性や神々の「導き」のことを非常に分かりやすく描写しており、一話一話は金星神からの教えに満ちています。しかし、普通に観てしまうとただの面白いテレビドラマとして流れていってしまいます。このホームページでは、このドラマに込めた金星神の教えのことを詳細に説明していきたいと思っています。

『傷だらけのラブソング』概要:http://junashikari.com/中島美嘉について/『傷だらけのラブソング』概要/
『傷だらけのラブソング』第一話解説:http://junashikari.com/中島美嘉について/『傷だらけのラブソング』第一話解説/

※上から順に解説を読んで頂ければ、と思っています。

 

【「未来」という歌詞について】

中島美嘉の楽曲において「未来」という歌詞は中島美嘉の未来の姿=島崎未来を意味する歌詞としてよく使われています。しかし、それは島崎未来が中島美嘉の未来の姿であるという背景知識が無ければ、気付かないようなものであって、金星神が置いた歌詞になります。以下に例を挙げていきます。


「I'm Gonna be a Star  新たな未来  つないだ奇跡の中で  光と闇に抱かれて  心の空に  心の空に  確かな夢を見つける」(『STARS』)

※『STARS』の解説において詳しく書いておりますが、この『STARS』の最後の歌詞とは非常に重要な意味を持っています。この「新たな未来」とは「新たな中島美嘉」のことを意味し、それが主語です。そして、ここで歌われている「確かな夢」とは中島美嘉が自分自身の人生の役割を全て理解するということを意味しています。どうしてこのように言えるかというと、「I'm Gonna be a Star」とは「ある星になろうと思う」という意味を持った言葉であり、「金星神になる」ということを意味しているからです。中島美嘉が金星神になる時とは、金星神から大量の「金の気」を受け取る時であって、それは中島美嘉が金星神と歌う時です。だからこそ、「I'm Gonna be a Star」とは「金星神と共に歌を歌う」ということを意味しています。そして、中島美嘉自身が「金星神と共に歌を歌う」ということを歌うためには、そのことを中島美嘉自身が知っている必要があります。そういったことを知るということは、中島美嘉が自分自身の人生の役割=「確かな夢」を知るということを意味します。そういった意味で、ここで歌われている「新たな未来」という歌詞は「新たな中島美嘉」のことを意味し、中島美嘉が自分自身について理解することで新しくなるということを意味している歌詞です。つまり、この歌詞自体が将来中島美嘉が島崎未来になり、様々なことを理解し、金星神と共に歌い始めるという予言の意味を持っています。この歌詞は『STARS』の前半の歌詞である「I Wanna Be Loved  いつかは 未来  最後の奇跡の中で  光と闇に抱かれて  心の空に  かすかな夢を見つける」と対の構造を持って歌われる歌詞です。「かすかな夢」「確かな夢」という形で「夢」を二通りに歌っているのは、単純に歌手になるという「夢」だけを意図しているわけではないからであって、「かすかな夢」=「歌手になること」、「確かな夢」=「自分がどういう歌手であるかを知り、金星神と共に歌うこと」という意味を持っています。そういった対の構造の意味も、『STARS』の解説を読むことで理解して頂けると幸いです。

http://junashikari.com/中島美嘉について/『stars』について/

 

「大丈夫 大丈夫 未来抱きしめ Yeah」((『ビルカゼスイミングスクール feat. SALU』))

冒頭でも紹介したように『ビルカゼスイミングスクール 』は金星神からの中島美嘉に対する語りかけの歌詞を中島美嘉が歌っています。この「大丈夫 大丈夫 未来抱きしめ」という歌詞は金星神が中島美嘉を抱きしめているということを表現しています。なぜならば、「未来」とは島崎未来のことであって、中島美嘉がデビューして15年後の姿のことを意味しているからです。金星神はいつも中島美嘉に「金の気」を送っています。そして、金星神からすると、「金の気」を送ることとは抱きしめている感覚です。そういった金星神の「金の気」を送る感覚は『A MIRACLE FOR YOU』の「月色に輝く誇り胸に 君を抱きしめ」という歌詞にもよく表現されています。中島美嘉が島崎未来になること、そんな中島美嘉を金星神がいつも「金の気」で抱きしめていることをこの歌詞で金星神は中島美嘉に伝えようとしています。

 

「踏み出したその一歩が 未来という希望を描く それでいいほら 華やいでゆく明日に巡り会えた」(『Forget Me Not』)

※『Forget Me Not』は2016年11月2日に発売となる中島美嘉の最新シングルです。また、このシングルのカップリング曲が『ビルカゼスイミングスクール feat. SALU』になります。この二曲はこれから中島美嘉が新しい一歩を踏み出すということをよく表している曲であるからこそ、この二曲の両方において「未来」という歌詞が歌われています。何故ならば、中島美嘉が島崎未来になるということを金星神は中島美嘉に伝えたいからです。二曲ともに「未来」という歌詞が島崎未来と重なるような形で歌われていれば、中島美嘉もそれが偶然ではないということに確信を持ちやすくなります。そういった形で中島美嘉の確信を促すために金星神はこの「未来」という歌詞を二曲共に置いています。この『Forget Me Not』の歌詞全体も金星神からの中島美嘉に対する語りかけの曲です。また、ジャケット写真には婚姻届と離婚届が写っていますが、これは中島美嘉が悪魔との縁を切り、金星神との縁を再び強くするということを意味しています。そういった意味があるからこそ、中島美嘉は昔のように裸足で、「光」を見つめています。
 


「踏み出したその一歩」とは島崎未来が『傷だらけのラブソング』の中で、吉村浩輔と共に「光」への一歩を踏み出すということを意味しています。つまり、私を通して身体に宿っている悪魔からの「闇の気」の浄化を行ない、悪魔との「縁」を切り、「光」の方向へ向かうということを意味しています。そのことで中島美嘉は『傷だらけのラブソング』で金星神が表現している島崎未来の姿になるのであり、そういう意味を込めて、「未来という希望を描く」という歌詞を置いています。また、そのことで中島美嘉が幸せになっていくことを「華やいでゆく明日に巡り会えた」という歌詞で表現しています。

 

「また会えるよ 別れ道の先に重なる未来で 」(『愛の歌』)

※詳しい解説は『愛の歌』の楽曲解説で書いていますが、『愛の歌』は中島美嘉がシャーマンのチャンネリングを通して金星神と再び会うことが歌われている歌です。デビューして15年が非常に近くなったが故に、金星神が中島美嘉のために用意した曲になります。中島美嘉の様々な楽曲で歌われていますが、中島美嘉と金星神は元々天国で会っていました。だからこそ、二人が会うことは「再会」と言え、この「再会」のことを『愛の歌』の中では「巡る 巡り巡るめぐり逢い」という歌詞で表現しています。中島美嘉が金星神と再会するためには、中島美嘉が島崎未来になる必要があります。そういったことを「また会えるよ 別れ道の先に重なる未来で 」という歌詞で表現しています。そして、中島美嘉が島崎未来になるということは、『傷だらけのラブソング』のストーリーのような流れに乗るということであって、私と会うということを意味しています。私が金星神とチャンネリングを行ない、金星神は私の身体を使って中島美嘉と再会することになります。そういう意味で、私は中島美嘉と金星神の仲介役です。『愛の歌』の解説についてはこちらに詳しく書いています。

http://junashikari.com/中島美嘉について/『愛の歌』について/

 

「愛を信じて歌う喜びに 気づいた瞬間から 未来へ続く華咲き誇る」(『DESTINY’S LOTUS』)

※『DESTINY’S LOTUS』は中島美嘉が最初期に作詞した曲であって、この詩には金星神が強く関与しています。この歌詞の中で描かれているのは、中島美嘉の歌手としての歴史であって、中島美嘉が金星神と共に「光」を歌う時代から、悪魔に襲われる中で「闇」を歌う時代を抜け、再び金星神と共に「光」を歌うようになるという流れを表現した曲です。金星神としては、中島美嘉の最初期において中島美嘉の歌手としての歴史を予め予言のような形で書いておくことで、デビューして15年後の中島美嘉が自分自身の役割について確信を持ちやすいようにすることを狙い、この歌詞を創っています。この歌詞は「光」の時代を表す部分で歌われ、「中島美嘉が金星神と共に歌う喜びに気付いた瞬間から、未来の中島美嘉(島崎未来)へ続く華咲き誇る」という意味を込めています。また、この歌の中で「闇」の時代を抜け「光」に戻る時に関与しているのは、男性ラッパーのラップであって、中島美嘉に対して語りかける形で歌われます。これは中島美嘉が私と出会うことを意味しています。そのラップの中においては「目の前の現実向き合うのなら明日に見る夢膨らむよまた」という形で、中島美嘉が様々な真実を知り、その真実と向き合うのであれば、「光」へ向かうことができるということが示唆されています。また、「昔と変わらない歌声響く この胸の奥底」というような形で、中島美嘉が金星神と縁で繋がっており、中島美嘉と金星神が共に歌ってきたこと、金星神の歌が中島美嘉の中に流れていることを表す歌詞です。また、この歌詞は一度金星神と共に歌うことができなくなるということも示唆しています。金星神は中島美嘉に「気」を送ることを通して、中島美嘉と共に歌を歌い、中島美嘉に歌を教えてきました。しかし、中島美嘉が悪魔に襲われ続け、「闇の気」を身体に抱え込む中で、金星神からの中島美嘉に対する「光の気」は中島美嘉に届きにくくなります。しかし、それでも金星神はずっと中島美嘉に「気」を通して関与し続けています。そういったことがここでは歌われています。『DESTINY’S LOTUS』については詳しくはこちらの解説を読んで頂けると幸いです。

http://junashikari.com/中島美嘉について/『destinys-lotus』について/

 

「明日に座った未来を きっと 打ち砕いて行く」(『I』)

※この『I』という曲は金星神と中島美嘉が縁で繋がっていることを説明する歌詞としても説明しましたが、金星神からの中島美嘉に対する語りかけによって成り立っている歌です。この歌詞も金星神の言葉として置かれています。ここで歌われている「未来」とはデビューして15年後の中島美嘉のことであって、そういった中島美嘉を打ち砕いていくということはどういうことかというと、中島美嘉が抱えている「闇」を乗り越えていくということです。この歌詞に至るまでの歌詞は「このまま君と二人だけの星では 明日が見れると企てた 何処ですれ違ってしまったのかな! 月と火星のように交わらずに」という歌詞ですが、これらの歌詞の意味は「金星神と中島美嘉が共に働くことで地球に「光」を増やすことができると企てた。けれども、どこで「光」と「闇」ですれ違ってしまったのかな、火星(光)と月(闇)のように」ということです。月は地球からの「闇の気」が溜まる場所として存在し、火星は地球に「火の気」を送っている星です。ですから、ここで歌われている「すれ違い」とは「光」と「闇」のすれ違いであることが分かります。だからこそ、この「明日に座った未来を きっと 打ち砕いて行く」という歌詞が、未来において中島美嘉が悪魔によって強く抱えさせられていく「闇」を一緒に乗り越えていこうという金星神の願いの歌詞です。また、この歌詞が載っている歌詞カードの横には座った中島美嘉の姿が載っていますが、それはこの歌詞の意味を人間に伝えるために神々が創った「導き」です。

 

「光のない 闇のどこかに まだ見えない 未来がある」(『WILL』)

※『WILL』のこの歌詞は非常に直接的に中島美嘉が将来的に「闇」を抱え、島崎未来になるということを説明している歌詞です。また、『WILL』のPVの中では中島美嘉が悪魔に襲われることによって「闇」を抱えていく様子も描いており、歌詞とPVのそのような一致もあります。『WILL』についてはこちらに詳しく書いています。

http://junashikari.com/中島美嘉について/『will』について/

 

「誰にでも刻んだ 歴史があるから 未来には 苦楽を乗り越えた 勲章達が 手招きしている」(『LOVE NO CRY』)

※「苦楽を乗り越えた勲章達」とは神々のことです。神々とは輪廻転生を繰り返し、その中で様々な苦楽を乗り越え、強い「光」を抱えた魂達のことだからです。そういった神々が中島美嘉に「手招きしている」という意味を持った歌詞です。中島美嘉が非常に大きな役割を持っているからこそ、神々が中島美嘉のことをずっと強く見つめており、関与し続けているということを意味しています。

 

「そんな私に 君からの『ありがとう』  輝く星になってこの胸にあるよ」
「優しさを知るほど人は強くなれる   君がくれた光で 未来へ続く道照らしたい」(『SONG FOR A WISH』)

※「輝く星になってこの胸にあるよ」という歌詞からこの「私」が金星神であることが分かります。そして、「君」とは中島美嘉のことであって、中島美嘉が神々に感謝の祈りをしたことが「ありがとう」という言葉で表されています。祈りとは「気」を送る行為ですが、中島美嘉の感謝の祈りで受け取った中島美嘉からの「光の気」を金星神は魂にもらい、その「光の気」を中島美嘉に送りながら中島美嘉がいつか島崎未来になる時までの「道照らしたい」という意味を、この歌詞は持っています。

 

「I know your love 嵐でも 雨空の果てには 鮮やかな星がalways 瞬いてキミを照らす」
「ah 祈るように 未来に手を伸ばして この灯火を 育んでいればいい」(『FLOWER OF TIME』)

「鮮やかな星がalways 瞬いてキミを照らす」という歌詞は金星神が中島美嘉に「金の気」を送っていることを表している歌詞であって、「ah 祈るように 未来に手を伸ばして この灯火を 育んでいればいい」とは、中島美嘉が金星神から受け取った「金の気」を使い、「愛」を大きくしながら、島崎未来になれることを願っている歌詞です。中島美嘉が島崎未来になるためには、「愛」を中島美嘉が持っておく必要がありました。だからこそ、この歌詞ではなんとか「愛」を育んでほしいという金星神からの中島美嘉に対する願いです。

 

「未来をうらぎったなら たぶん許さない」(『CRESCENT MOON』)

『CRESCENT MOON』という楽曲は中島美嘉の未来の姿を描いた歌です。「愛」という「光」は抱えながらも、様々な「闇」を抱えている様子が歌われ、PVにも重要な意味は様々に込められています。この歌詞はそもそも島崎未来のことを想定してこの歌詞が置かれていると思います。「光」の立場とは「許す」立場です。何故ならば、「光」の立場とは自分よりも相手の方を大事と考える立場であって、だからこそ相手のために自分が「許す」という苦労を行なうからです。それに対して、「闇」の立場とは「許さない」立場です。何故ならば、「闇」の立場とは相手よりも自分の方を大事と考える立場であって、だからこそ相手のために自分が「許す」という苦労を行なわないからです。このことは『傷だらけのラブソング』の最初のシーンで「許して」と相手が頼むのに対して島崎未来が「許さない」という立場を選ぶ様子にも描かれています。『CRESCENT MOON』についてはこちらに詳しく書いています。

http://junashikari.com/中島美嘉について/『crescent-moon』について/


このように、様々な中島美嘉の楽曲において「未来」という歌詞は、金星神と中島美嘉が繋がっていることを表す歌詞と同様に重要な意味を持っています。何故ならば、これらの「未来」という歌詞が置かれている必然性を理解するのであれば、中島美嘉が悪魔に襲われることによって「闇」を抱えることや、デビューして15年後に島崎未来になる、つまり「闇」の中から「光」を選ぶということを神々は元々意図していたことが分かるからです。

中島美嘉のデビュー曲である『STARS』において既にそのことは描かれていることから、神々はそもそもそういった15年間の流れを想定して中島美嘉をデビューまで導いたことは分かります。実際、中島美嘉がデビューする過程に神々はかなり関与しており、例えば中島美嘉は『傷だらけのラブソング』のオーディションの時に、そのオーディションの内容を最終選考の時まで知りませんでした。中島美嘉は非常に緊張しやすい魂です。神々は絶対にこのオーディションを通したかったからこそ、中島美嘉があまり緊張しないようにそのオーディションの内容を中島美嘉に伝えないように中島美嘉や中島美嘉の周りの人物に神々が関与し続けていたからこそ、こういった普通はあり得ないことが起こっています。

『STARS』『DESTINY’S LOTUS』『I』『CRESCENT MOON』『WILL』『LOVE NO CRY』は中島美嘉の初期の楽曲であって、この当時金星神は予言のような意味を込めて、予め中島美嘉の歴史を描いておくことを狙い、これらの歌に「未来」という歌詞を起きました。ですから、これらの楽曲の中で使われている「未来」という歌詞は、中島美嘉が自分自身の役割について確信を持ってもらうために金星神が起こした「奇跡」です。

『Forget Me Not』『ビルカゼスイミングスクール』『愛の歌』は2015〜2016年に発表された楽曲であって、中島美嘉が島崎未来になる時が来たからこそ生まれた楽曲です。だからこそ、この三曲の中で「未来」=「島崎未来」=「新しい中島美嘉」という歌詞を金星神は置いている形になります。この三曲はこれから中島美嘉が島崎未来になるということをそれぞれ異なる観点から歌った楽曲です。ですから、これらの楽曲の中で使われている「未来」という歌詞は、中島美嘉に自分が「光」に戻る時期が来たことを伝えるために金星神が起こした「奇跡」です。

金星神は中島美嘉が悪魔によって「闇」に寄せられた後に、再び「光」へ戻ることができるように、こういった構造を創ってくれています。

金星に関する様々な歌詞は中島美嘉が金星神と繋がっていることを伝えるための歌詞であり、「未来」に関する歌詞は中島美嘉が悪魔に襲われ、その後に再び金星神と共に強くという役割を持っていることを伝えるための歌詞です。中島美嘉の歌詞について、この二種類の歌詞は非常に重要であって、この二種類の歌詞から中島美嘉がどういう人間であるのかということを理解して頂けると幸いです。