庵野秀明について

ここでは庵野秀明について書いていきます。庵野秀明は神々と真に共に働く偉大なアニメーション作家です。だからこそ、庵野秀明の作品には神々からの様々な重要なメッセージに満ちていて、神々がどういったメッセージを庵野秀明の作品に込めてきたのかを理解することはとても大事です。我々人間は「光」と「闇」の関係性を忘れてしまったが故に、「真実」が見えなくなってしまっています。そういった状況を解決するために神々と共にアニメーションを創ってきたのが宮崎駿と庵野秀明であって、この二人は最も重要なアニメーション作家です。そして、この二人は異なる立場でこの役割を実践しています。宮崎駿は「光」を強く描いてきたのに対して、庵野秀明が強く描いてきたのは「闇」です。ですから、庵野秀明の作品を我々が真に理解したのであれば、我々は「闇」について理解を深め、「闇」がもたらす様々な罠に堕ちづらくなります。ここでは、そういったことについて書いていきます。