霊は見えませんから、そこにいるかいないかを明らかにすることは非常に難しいです。しかし、霊が憑いたり家にいたりするとどういったことが起こるかということを理解する事によって、そこに霊がいるかいないかという推測はできます。ですから、霊がいるとどういったことが起こるかということを理解することは非常に大事です。

ここではそれらのことについて説明していきます。心当たりがある方は気軽に連絡をして下さい。また、ホラー映画などの影響により霊が怖いものだと現代人は思い込んでいますが、そういうものではありません。身体が無いだけで、我々と全く同じ人間です。同じ人間を怖がる必要など全くありません。

【霊とは何か?霊に憑かれるとどうなるのか?】

霊とは何なのかというと、魂そのものであって、亡くなった後に地上に留まってしまった魂のことです。何故彼らが地上に留まってしまったかというと、彼らは亡くなる時に闇の感情(後悔、欲望など)を持ってしまったからです。逆に言うと、亡くなる時に闇の感情を持ってしまえば我々は幽霊になってしまいます。死に方とは非常に大事です。

霊は闇の感情を持って亡くなってしまい、なおかつ身体を持っていないので、彼らは亡くなった時に抱いた闇の感情のまま地上を彷徨っています。だから彼らは苦しんでいます。身体が無いと感情を変えるということは非常に困難になります。

苦しみを減らすために彼らは身体を求めます。だから、彼らは人に憑くということを止むを得ず行ないます。彼らは人を苦しめるために憑くのではありません。そして、彼らが人に憑くと、憑かれた人は彼らの闇の気を半分もらうことになります。ですので、その霊の闇の感情が強ければ強い程、憑かれた人は苦しむことになります。

例えば、後悔の念を抱いて彷徨っている霊に憑かれると、憑かれた人は後悔をしやすくなります。 欲望の感情を抱いて彷徨っている霊に憑かれると、憑かれた人の欲望は増します。また、身体のどこかが重かったり、肩こりが激しくなったりするケースもあります。

霊が憑くと様々な闇の感情が起こりやすくなりますが、基本的に現代ではそういった方は鬱病などと診断されます。以下が闇の感情です。ある時期からこれらの闇の感情が急に強くなってしまった方は霊に憑かれているかもしれません。

嫌悪、恨み、絶望、恐怖、不安、苛立ち、憂鬱、怠惰、不平不満、疑い、後悔、罪悪感、嫉妬、狂気、焦り、執着心、混乱、無力感(「私には何もできない」)、欲望(支配欲、物欲、性欲、睡眠欲、食欲、負けず嫌い、自己中心的な態度、アートなど闇を鑑賞して喜ぶ事、SMなどの暴力の快楽など)、頑固、比較の心(見下し、自己顕示欲、優越感、劣等感、軽蔑など)、他者を咎める心、軽さの闇(軽い言葉など。例:オワタ」)など。

心当たりのある方は一言私にチェックを頼んで下さい。メッセージに名前を書いて頂き、「霊に憑かれているかどうか見て頂けないでしょうか?」の一言で構いません。遠隔でチェックできます。また御自身でなくても身近な人が急に変になってしまった方がいたらお気軽にチェックを頼んでください。また、霊が憑いていましたらその霊を遠隔であの世に送ります。霊をあの世に送ることを浄霊と言います。

【寝ても疲れが取れない、悪夢を見る、金縛りについて】

また、霊が憑いていると寝ても寝ても疲れが取れにくくなります。睡眠とは身体の浄化のためにありますが、霊とは強い闇の気を持った魂であり、魂とは非常に濃い気によってできていますから、憑かれている方は身体の内部に霊という闇の気を持つことになります。そして、寝ても疲れが取れないのは睡眠によってその霊を取ることは不可能だからです。だから疲れが取れにくくなります。

さらに、寝ている時に悪夢を見やすくなります。悪夢をよく見るようになった方も一度チェックを頼んで下さい。どうして悪夢をよく見るようになるかというと、寝ている間我々の身体は憑いている霊が主導権を握る場合があるからです。その時は彼らの魂の状態を強く経験することとなります。ですから、彼らの意識状態を経験することになり、それが我々にとっては悪夢を見るきっかけになるのです。

実は金縛りはこの症状と同じです。寝ている時に彼らが我々の身体の主導権を握ると、我々が目覚めても身体が奪われた状態になり、起きても体が動かないという状態が成立するからです。ですから、よく金縛りに遭う方も霊に憑かれている可能性が高いです。

金縛りは疲れている時に起こるという話があります。それは全くそうです。疲れている状態においては、体がより死に近い状態となりますので、より霊に身体を取られやすい状態にあります。疲れが原因で金縛りが起こっているわけではなく、疲れているとより霊に主導権を握られるが故に、金縛りに遭いやすくなるわけです。

【霊が憑く事により人間関係が悪化することについて】

霊が憑くと闇の感情が増すということについては書きましたが、そのことによって人間関係が悪化するということは本当によく起こっています。霊が憑くと自分の性格の悪いところが何倍にも膨れ上がります。ですから、パートナーや家族のことが無性に許せなくなったり、疑いが強くなったりします。ですから当然喧嘩も起こりやすくなります。

最も恐ろしいのはこの点です。せっかくいい関係性を持っていたのに霊が原因で運命の人と別れたり、離婚をしたり、家族関係や友人関係がメチャクチャになるということは本当によくあります。そして、関係が悪化した後にも皆様本当の原因に気が付いておらず、その相手のことを責めてしまいます。

【お祓い、浄霊について】

シャーマンが全然いないこの現代社会においては、成仏せずに一度地上に留まってしまった魂はなかなかあの世に行けません。お坊さんがお祓いや成仏の手伝いをすることもありますが、どれもこれも見かけばかりで実際は何も行なえていなかったりします。

これはよく覚えてほしいのですが、お坊さんとシャーマンは違います。お坊さんの中にもお祓いや浄霊をすることが出来る人もいますが、それは坊さんの中でも一割です。お坊さんだからといって、簡単に信用しないで下さい。たとえ、その坊さんがいい方であったとしても、そのこととお祓いや浄霊ができるかどうかとは関係がありませんので、この点もよく理解して下さい。お祓いや浄霊はシャーマンの仕事です。

もし、あなたがいいかげんな形でお祓いや浄霊を行なっているお坊さんでしたら、あなたは地獄に行く可能性が非常に高いです。そんなことをやって商売を行なっているのでしたら相当改心をしなければなりません。改めて下さい。どうか、できないことはできないとはっきり言って下さい。そんないいかげんな坊さんが多過ぎて、神々も怒っております。

とにかく、霊が憑いているまたは憑いている人が周りにいる心当たりがある方は、どうか私に気軽にチェックを頼んで下さい。チェックなど10秒もあればできますし、浄霊もそんなに時間がかかることでもありません。

言うまでもなく、霊をあの世に送ることはその霊達を救うことになります。彼らは本当に苦しいんです。そのような苦しみは一刻も早く終わらせねばなりません。ですから、その霊のためにもどうかチェックを頼んで下さい。よろしくお願いします。