「信じる」の対義語が「疑い」であって、「信じない」のであれば「疑う」しかないと思ってしまうと、罠に捕まってしまいます。実際は、何かを疑問視する心の動きには、「疑い」とは別に「問い」という心の動きもあるからです。

「疑い」は元々相手の発言などに対して「嫌悪」があるものですが、「問い」は元々相手に対して「愛」があることが多いです。また、「疑い」が感情的であるのに対して「問い」は冷静です。例えば、見知らぬ人が自分に道を尋ねてきた時に、「疑い」を抱く人は「この人何かの詐欺なんじゃないか」といった「嫌悪」を抱いているのに対して、「問い」を抱く人は「この人は本当に道に困っているのだろうか(困っているなら助けないと)」といった「愛」を抱いています。

つまり、「自分のため」に何かを疑問視する心の動きが「疑い」であるのに対して、「誰かのため」に何かを疑問視する心の動きが「問い」です。現代は、「疑い」と「問い」を分けて考えることが常識化されていないので、意識化して頂けると幸いです。「doubt」と「question」の違いと捉えてもいいかもしれません。

生きていると、何かを疑問視しなければならない場面が頻繁に訪れます。そういった時に、可能な限り「疑い」ではなく「問い」を抱くことが大事です。何故ならば、「疑い」よりも「問い」の方が物事の本質をよく見抜くことができるからです。

「疑い」は元々否定的なので、物事を一方通行でしか考えられません。例えば、誰かが犯人だと「疑う」場合、その人が犯人であることの根拠ばかりを探そうとします。それに対して、「問い」は元々客観的なので、物事を二方向から考えられます。例えば、誰かが犯人だと「問う」場合、その人が犯人であることの根拠とその人が犯人ではない根拠を探します。

酷い場合は、誰かの「疑い」が故に冤罪事件が発生するケースもあり、犯罪者でもない誰かが刑務所に入れられることもあります。こういうことが分かると、「疑い」という心の動きが如何に危険なものなのかが分かりますし、「問い」を選ぶべきだということも分かります。